エナジードリンクを販売するモンスタービバレッジ社がめちゃ成長していた

エネルギードリンクの「モンスター・エナジー」を知らない方はほとんどいないと思う。最近だと「レッド・ブル(翼を授ける方)」と並び、世界的に販売されている製品だ。

モンスター・ガールズというのがいるらしい)

この会社の業績がびっくりするほど伸び続けていることを知り、ちょっと調べてみると意外に会社としての歴史が古かった。

モンスター・ビバレッジ社の歴史は1930年代にさかのぼる。ヒューバート・ハンセンが息子たちと共に飲料類を売り始め、1935年に「Hansen's」を設立。1988年に破産し、カリフォルニア・コパッカー社より買収され、ハンセンナチュラル社に改名。

2002年より「モンスター・エナジー」を販売開始し、2012年に現在の社名となった。

業績のグラフをみると、モンスター・エナジーを売り始めた2002年からものすごい成長を遂げていることがわかる。

また、現在の会社の売上高のうち9割を超える27.6億ドルほどがモンスター・エナジーの売上であり、上の成長はほぼほぼモンスター・エナジーによってもたらされた成長だと思われる。利益率も高く、直近の営業利益率は30%を超えている。

さらに、そのうち7億ドルの売上が米国外。20億ドルは国内売上ということになる。

確かにアメリカ人好きそうだもんなあ。小売企業はヒット製品一つで大化けするということの証左だと思う。

追記:キャッシュフロー分析

モンスタービバレッジの企業価値を試算するために、まずは過去10年間のキャッシュフロー推移を調べます。

稼ぎ出すフリーキャッシュフローはおよそ右肩上がりに増加し、2016年には6億ドルに達しました。

10年の年平均成長率は+24%、ここ5年だと20%でした。

企業価値を算出するために、今後5年間のフリーキャッシュフローの成長率を年に5%(保守的)、15%(積極的)として試算してみます。

その後の永久成長率はそれぞれ1%、2.7%とします。

2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 6億6319万3000 6億9635万3000 7億3117万1000 7億6772万9000 8億611万6000
現在価値 6億2340万1420 6億1529万7511 6億729万8934 5億9940万3618 5億9161万1775
有利子負債額0 有利子負債コスト0.01 実効税率0.4
株主資本時価301億7000万 株主資本コスト0.06 WACC
0.06
永久成長率0.01 継続価値
162億8354万3200
企業価値
193億2055万6457

保守的なケースだと、企業価値は193億ドルと、現在の時価総額(301億ドル)よりも小さくなってしまいました。

続いて積極的なケースです。

2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 7億9553万1000 9億1486万1000 10億5209万 12億990万4000 13億9138万9000
現在価値 7億4779万9140 8億837万1180 8億7384万9121 9億4463万1290 10億2114万5984
有利子負債額0 有利子負債コスト0.01 実効税率0.4
株主資本時価301億7000万 株主資本コスト0.06 WACC
0.06
永久成長率0.027 継続価値
433億171万2212
企業価値
476億9750万8925

年率15%というのはかなり積極的な試算ですが、それでも企業価値は476億ドルと、現在よりも58%高い水準にとどまりました。

投資対象にするのであれば、悲観ケースでも1.5倍、楽観ケースで10倍以上の内在価値が欲しいところです。