大末建設 沿革

銘柄コード

1814 (市場第一部(内国株))

時価総額

139億9000万円

大末建設 沿革

銘柄コード

1814 (市場第一部(内国株))

時価総額

139億9000万円

1955年7月 建設業法により建設大臣登録(チ)第4432号を完了
1959年4月 東京出張所を東京支店に昇格
1961年10月 大阪証券取引所市場第2部に上場
1962年2月 定款の一部を変更し事業目的を追加(不動産売買業)
1963年4月 本店を大阪市南区(現大阪市中央区)に移転、名古屋営業所を名古屋支店に昇格
1963年7月 東京証券取引所市場第2部に上場
1966年9月 宅地建物取引業法により建設大臣免許(1)第139号を取得(以後3年ごとに免許更新)
1967年5月 東京・大阪証券取引所市場第1部に上場
1970年1月 九州営業所を九州支店に昇格
1970年3月 社名を「大末建設株式会社」に改称
1970年9月 和歌山県において温泉付別荘地を開発するため、南部梅ケ丘温泉㈱を設立
1972年1月 仙台営業所を仙台支店に昇格
1972年6月 南部梅ケ丘温泉㈱を、大末サービス㈱に社名変更
1973年12月 九州支店を福岡支店に改称
1974年1月 建設業法改正により、建設大臣許可(特-48)第2700号の許可を受ける(以後3年ごとに許可更新)、高松営業所を四国支店に改称昇格
1983年3月 定款の一部を変更し事業目的を追加(土木建築工事の設計、監理並びにコンサルティング業務)
1986年1月 大阪本店を大阪総本店(建築本店、土木本店等)に、東京支店を東京本店に改組・改称
1990年4月 大阪総本店(建築本店、土木本店等)を建築本店並びに土木本店に改組・改称
1991年9月 本社、建築本店並びに土木本店を大阪市福島区に移転、福岡支店を九州支店に、仙台支店を東北支店にそれぞれ改称
1994年6月 建築本店、土木本店を大阪総本店に統合
1995年1月 建設業法改正により、建設大臣許可(特-6)第2700号の許可を受ける(以後5年ごとに許可更新)
1996年9月 宅地建物取引業法改正により建設大臣免許(11)第139号を取得(以後5年ごとに免許更新)
1998年6月 大阪総本店(建築本店、土木本店等)を大阪本店に改組・改称
1999年5月 本社、大阪本店を大阪市中央区南船場に移転
2005年9月 大末サービス㈱がテクノワークス㈱の全株式を取得
2008年2月 大末サービス㈱からテクノワークス㈱の全株式を取得
2009年9月 本社、大阪店を大阪市中央区久太郎町(現在地)に移転
2010年3月 東北支店を閉鎖
2012年2月 宮城県に東北支店を開設
2014年4月 四国支店を中四国支店に改称
2016年9月 宅地建物取引業法により国土交通大臣(15)第139号の免許を取得
2017年4月 安積エンジニアリング㈱の全株式を取得
2017年7月 大末サービス㈱、テクノワークス㈱、安積エンジニアリング㈱がテクノワークス㈱を存続会社として合併し大末テクノサービス㈱(現連結子会社)に社名変更
2020年1月 訪問看護事業を行うため、やすらぎ㈱(現連結子会社)を設立