TISの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 7466億4600万 円
銘柄コード 3626(市場第一部(内国株))

TIS株式会社は東京都新宿区に本社をおく企業。1971年(株)東洋情報システムとして設立。大阪市でソフトウェア開発サービスを開始。1973年よりセンターサービス、オンラインサービスの本格営業を開始し、1990年東証二部、翌年東証一部に上場。金融、製造、流通、エネルギー、公共など幅広い業界でのソリューションを提供するトータルSIerとして、3000社を超える顧客実績がある。


2007年12月 TIS株式会社と株式会社インテックホールディングス(以下、「両社」という。)が株主総会の承認を前提として、株式移転により両社の完全親会社となる共同持株会社を設立し、経営統合することにつき、各取締役会において決議の上、基本合意。
2008年4月 両社が共同株式移転の方法により、TIS(ITホールディングス株式会社)を設立。TISの普通株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
2008年10月 TIS株式会社の保有する子会社9社(株式会社ユーフィット、株式会社アグレックス、クオリカ株式会社、AJS株式会社、株式会社エス・イー・ラボ、TISトータルサービス株式会社、TISリース株式会社、BMコンサルタンツ株式会社、TISソリューションビジネス株式会社)の全株式について、TISを承継会社とする吸収分割を実施。上記9社をTISの直接の子会社とする。
2009年3月 株式会社エス・イー・ラボの完全子会社化のため、同社株券等に対する公開買付けを通じ、同社に対する議決権所有割合を51.0%(間接保有を含む。)から94.0%とする。
2009年4月 グループ各社のバックオフィス業務のシェアードサービスを提供する子会社「ITサービスフォース株式会社」を設立。
2009年6月 株式会社エス・イー・ラボの完全子会社化が完了。
2009年7月 株式会社エス・イー・ラボとTISソリューションビジネス株式会社が経営統合し、「ネオアクシス株式会社」を設立。
2009年10月 株式会社インテックが株式会社インテックホールディングスを吸収合併。
2009年12月 「ソラン株式会社」を完全子会社化し経営統合するため、同社株式に対する公開買付けを通じ、子会社化(議決権所有割合91.5%)。
2010年4月 ソラン株式会社の完全子会社化が完了。
2011年2月 株式会社ユーフィットを完全子会社化。
2011年4月 TIS株式会社がソラン株式会社、及び株式会社ユーフィットを吸収合併。
2012年2月 東京本社を新宿区西新宿に移転するとともに、TISを含むグループ会社計9社の東京地区の事業拠点を同所に集約。
2012年10月 TISの保有する株式会社アイ・ユー・ケイの全株式について、株式会社インテックを承継会社とする吸収分割を実施。株式会社アイ・ユー・ケイを株式会社インテックの子会社とする。
2013年1月 TISの保有するBMコンサルタンツ株式会社の全株式について、TIS株式会社を承継会社とする吸収分割を実施。BMコンサルタンツ株式会社をTIS株式会社の子会社とするとともに「TISビジネスコンサルタンツ株式会社」に商号変更。
2013年11月 中央システム株式会社を簡易株式交換により完全子会社化。
2014年4月 TISリース株式会社がリース事業撤退の方針に基づき、リース資産売却の上で解散。
2014年6月 グループのコーポレートロゴマークを統一するとともに、ブランドメッセージ「Go Beyond」を制定。
2014年12月 株式会社アグレックスの完全子会社化のため、同社株式等に対する公開買付けを通じ、同社に対する議決権所有割合を93.3%とする。
2015年3月 株式会社アグレックスの完全子会社化が完了。
2016年4月 TIS株式会社と株式会社インテックの間で事業の一部再配置を実施。
2016年7月 TISが完全子会社であるTIS株式会社を吸収合併し、事業持株会社体制へ移行するとともに、TISの商号をITホールディングス株式会社からTIS株式会社に変更。
2017年5月 2026年に目指す企業像を「Create Exciting Future」と定めた新たなグループビジョンを策定。
2019年1月 グループ基本理念「OUR PHILOSOPHY」を策定。
2020年2月 Sequent Software Inc.(米国)を子会社化。
2020年4月 TISEDI事業の株式会社インテックへの承継を実施。