菊池製作所の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 100億8000万 円
銘柄コード 3444(JASDAQ(スタンダード・内国株))

株式会社菊池製作所は東京都八王子市に本社をおく企業。昭和45年精密板金加工、金型製作、試作業などを事業目的として創業。昭和49年プレス機の導入により量産事業を開始。設計・金型製作・モールド成形・プレス加工・板金・切削・ハンドモールド等、加工条件が異なるものを一括受注することで、短納期・高品質の条件を克服。3D CAD/CAMデータによる部品加工・メタルインジェクション・マグネシウムといった次世代部品や新技術の開発にも積極的に挑戦する。


1976年3月 試作製品及び量産製品の製造、金型製作、精密板金加工を行うことを目的として、東京都八王子市下恩方町に株式会社菊池製作所を設立(資本金2,000千円)。
1984年12月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、福島県相馬郡飯舘村に福島第一工場を開設。
1988年11月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、福島県相馬郡飯舘村に福島第二工場を開設。
1990年3月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、大韓民国に100%出資の子会社、KOREA KIKUCHI CO.,LTD.を設立。
1990年8月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、福島県相馬郡飯舘村に福島第三工場を開設。
1991年12月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、東京都八王子市に美山工場(現:本社第一工場)を開設。
1992年6月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、福島県相馬郡飯舘村に福島第四工場を開設。
1998年5月 量産製品の製造能力拡大のため、福島県相馬郡飯舘村に福島第五工場を開設。
2000年6月 東京都八王子市の美山工業団地へ本社を移転。
2001年3月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、東京都八王子市に本社第二工場を開設。
2002年8月 量産製品の製造能力拡大のため、中華人民共和国に99.0%出資の子会社、KIKUCHI(HONG KONG)LIMITEDを設立。
2006年4月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、東京都八王子市に本社第三工場を開設。開発研究拠点として、菊池製作所内に「ものづくりメカトロ研究所」を開設。
2006年11月 中国における事業推進を目的として、KIKUCHI(HONG KONG)LIMITEDの全株式を取得し、菊池製作所100%出資の子会社とする。
2009年5月 試作・金型製品の製造能力拡大のため、福島県相馬郡飯舘村に福島第六工場を開設。
2010年4月 試作製品並びに量産製品の製造能力拡大のため、アルミホットダイカスト事業を株式会社サンキ(所在地:静岡県)より吸収分割。
2011年8月 福島第一原発事故の影響により、福島県二本松市に工場を一部移転。
2011年10月 株式会社大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
2012年4月 本社第三工場新棟完成。
2012年11月 福島県双葉郡川内村に福島川内工場を開設。
2013年7月 株式会社大阪証券取引所の現物市場の株式会社東京証券取引所への統合に伴い、株式会社東京
2013年10月 証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
2013年12月 福島県相馬郡飯舘村に福島第7工場を増設。
2015年2月 東京理科大学工学部 小林宏教授が開発を進めてきた「マッスルスーツ」のマーケティング戦略・商品戦略を企業へ提供することを目的とし、同教授とともに株式会社イノフィスを設立。
2015年9月 マッスルスーツ等のロボット関連の製造拠点として福島県南相馬市小高区に福島南相馬工場を開設。
2019年1月 マッスルスーツ等の自社グループ製品の販売を目的として、株式会社菊池ハイテクサプライを設立。
2019年9月 連結子会社である株式会社イノフィスが第三者割当増資を実施したことに伴い、連結子会社から持分法適用関連会社となる。