秋川牧園【1380】 沿革・創業ストーリー

市場

JASDAQ(スタンダード・内国株)

時価総額

44億9200万円

秋川牧園【1380】 沿革・創業ストーリー

市場

JASDAQ(スタンダード・内国株)

時価総額

44億9200万円

1979年5月 無農薬無投薬の健康安全な自然食品の製造及び販売を目的として、山口県山口市に秋川食品株式会社(資本金3,000千円)を設立し、健康鶏卵の製造販売を開始。
1980年11月 健康牛乳の本格的な販売開始。
1981年3月 仁保有機農業研究会の設立に参加し、有機野菜の健康な食べ物づくり運動を展開。
1981年4月 健康若鶏の無投薬飼育技術の開発。
1982年3月 牛肉、豚肉の生産販売を開始。
1984年1月 健康牛乳の生産者である有限会社秋川牧園へ出資(出資比率54.6% 現 有限会社あきかわ牛乳)し、同社は秋川牧園の子会社となる。
1985年3月 健康加工食品(加工冷凍食品)の製造販売を開始。
1986年11月 チキンスープの生産能力増強のためスープ工場を増設。
1987年9月 食肉保存用の大型冷凍庫を設置。
1988年12月 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(本部 東京都世田谷区)と取引開始。
1988年12月 西日本地区の量販店と取引開始。
1990年12月 健康食肉の生産能力増強のため本社工場にパックセンター(食肉包装工場)を設置。
1993年11月 販売の全国展開のためのブランド化を目指し、株式会社秋川牧園に商号を変更。
1993年11月 健康加工食品の生産能力増強のため、本社工場に冷凍食品工場を設置。
1993年11月 高品質の健康鶏卵生産能力増強のため、本社工場に採卵農場を設置。
1995年6月 消費者情報の収集と「健康安全・高品質の食べ物づくり」のブランド浸透のため、直売店「牧園倶楽部」東広島店をゆめタウン東広島店内にオープン。
1996年3月 有限会社秋川牧園(現 有限会社あきかわ牛乳)への出資金の全額を譲渡し、同社は秋川牧園の子会社でなくなる。
1997年1月 首都圏への販売力強化のため、東京営業所を東京都港区に設置。
1997年6月 関東地区の量販店と取引開始。
1997年11月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
1998年6月 直売店「牧園倶楽部」閉鎖。
1999年4月 有限会社あきかわ牛乳(現 連結子会社)の出資口数の52%を取得。
2000年3月 有限会社菊川農場(現 連結子会社)の出資口数の全てを取得。
2000年3月 株式会社スマイル生活(連結子会社)を設立。
2002年2月 有限会社むつみ牧場(現 連結子会社)の出資口数の10%を取得。
2002年2月 冷凍食品の生産能力増強と品質向上のため、冷凍食品工場を増設。
2004年9月 株式会社スマイル生活を吸収合併。
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2005年1月 株式会社チキン食品の株式を100%取得し、連結子会社とする。
2009年3月 株式会社ゆめファーム(現 連結子会社)を設立。
2009年12月 有限会社あきかわ牛乳(現 連結子会社)の出資口数の残り全てを取得し、100%子会社とする。
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場。
2010年5月 有限会社篠目三谷の株式を追加取得し、連結子会社とする。
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。
2018年3月 冷凍食品の生産能力増強のため、冷凍食品第3工場を増設。