エスイーの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 84億7100万 円
銘柄コード 3423(JASDAQ(スタンダード・内国株))

1981年12月 SEEE工法に要する建設用資機材の販売および賃貸を主な事業目的として、新構造技術株式会社(昭和42年8月設立、現在は建設コンサルタント)の一事業部門を分離・独立し、エスイー産業株式会社を設立。同時に東京営業所(現・東京支店)、仙台営業所(現・東北支店)、名古屋営業所(現・名古屋支店)、大阪営業所(現・大阪支店)、九州営業所(現・九州支店)を設置
1981年12月 SEEE工法に要する建設用資機材の販売および賃貸を主な事業目的として、新構造技術株式会社(昭和42年8月設立)の一事業部門を分離・独立し、エスイー産業株式会社を設立。同時に東京営業所(現・東京支店)、仙台営業所(現・東北支店)、名古屋営業所(現・名古屋支店)、大阪営業所(現・大阪支店)、九州営業所(現・九州支店)を設置
1987年4月 宮崎県宮崎市に宮崎営業所を設置
1988年10月 札幌市中央区に北海道営業所を設置
1989年4月 北海道営業所を廃止し、東京営業所に併合
1990年4月 新構造技術株式会社より製品製造部門および工業所有権を譲受け、神奈川県厚木市に厚木工場を設置
1991年1月 美野里工業株式会社の株式取得
1992年8月 厚木工場の土地、建物を新構造技術株式会社より譲受け
1994年3月 「斜張橋用斜材F500PH型」の販売を開始(秩父公園橋に採用)
1995年1月 本社を東京都新宿区西新宿六丁目3番1号に移転
1996年3月 「斜張橋用大型斜材PAC-H型」の販売を開始(サンマリンブリッジに採用)
1997年4月 株式の額面金額変更のために形式上の存続会社である株式会社エスイー(東京都中央区)と合併
1998年4月 「SEEE永久グラウンドアンカー工法・タイブルアンカーU型」の販売を開始
1999年6月 日本証券業協会に株式を店頭登録
2000年9月 「新型落防タイ-ブリッジシステム」の販売を開始
2001年4月 美野里工業株式会社(資本金1,200万円)を吸収合併
2002年5月 橋梁用斜材ケーブル「FUT-H型斜材ケーブル」が財団法人土木研究センターの建設技術審査証明を取得
2003年5月 登記上の本店所在地を東京都千代田区神田駿河台二丁目9番地に移転
2004年8月 エスイーバイオマステクノ株式会社を設立(平成27年11月会社清算)
2004年8月 PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:公民連携)ならびにコンセッション事業への参入に向け、コンセッション事業部を設置
2005年7月 落橋防止装置下部工側接続具「ユニバーサルシステム」の販売を開始
2006年6月 登記上の本店所在地を東京都新宿区西新宿六丁目3番1号に移転
2007年6月 生産体制増強を目的として、山口工場を拡張
2008年7月 株式会社コリアエスイー(現・持分法適用会社)韓国KOSDAQ市場に上場
2009年4月 生産効率の向上を目的として山口工場第2倉庫棟を新設
2010年1月 登記上の本店所在地を東京都新宿区西新宿六丁目5番1号に移転
2010年1月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場
2011年11月 子会社、株式会社キョウエイによるエスイー朝日株式会社(旧商号:朝日興業株式会社)の吸収合併ならびにエスイーA&K株式会社への商号変更
2011年11月 株式会社仲田建設(現エスイーリペア株式会社(補修・補強工事業(現・連結子会社)))の株式取得(子会社化)
2012年1月 株主割当により新株式を発行し、資本金10億46百万円より12億28百万円に増資
2012年1月 執行役員制度を導入
2015年12月 株式会社中川鉄工所(建築用資材の製造・販売事業(現・連結子会社))の株式取得(子会社化)
2015年12月