北日本紡績の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 29億9600万 円
銘柄コード 3409(市場第二部(内国株))

北日本紡績株式会社は石川県白山市に本社をおく企業。昭和23年、政府の第一次スフ紡績50万錘復元計画に応じ、北陸地方の有志により繊維の紡績・加工を目的に金沢工場とともに設立。昭和27年大阪証券取引所市場第2部に上場。現在は、衣料や車関連や安全防護衣料等の産業資材分野・高機能健康肌着用に使用される合繊紡績糸を製造するほか、会社として「発生抑制(リデュース)」「再利用(リユース)」「再生利用(リサイクル)」に取り組む。


1948年10月 政府の第一次スフ紡績50万錘復元計画に呼応して、北陸地方の有志によって地元産業の発展の為、資本金2,500万円、各種繊維の紡績及び加工を主たる目的とし、北日本紡績株式会社の商号をもって本社及び金沢工場を石川県金沢市に設置し設立。
1949年1月 大阪市東区に大阪出張所を設置。
1950年10月 2,500万円増資して資本金5,000万円。
1951年6月 5,000万円増資して資本金10,000万円。
1952年1月 北日本紡績株式を大阪証券取引所市場第2部に上場。
1954年3月 北日本紡績株式を東京証券取引所市場第2部に上場。
1954年4月 10,000万円増資して資本金20,000万円。
1957年7月 10,000万円増資して資本金30,000万円。
1958年4月 大阪出張所を営業所に改称。
1963年9月 21,000万円増資して資本金51,000万円。
1964年5月 金沢工場敷地内に仮撚工場を新設、長繊維ウーリー加工糸の生産・販売を開始。
1964年10月 20,400万円増資して資本金71,400万円。
1971年8月 株式会社リック・コーポレーション(旧・鳥越産業株式会社、連結子会社)を設立。
1976年4月 大阪営業所を支社に改称。
1984年6月 キタボー興産株式会社(連結子会社)を設立。
1986年9月 東京事務所を廃止。
1988年11月 能都産業株式会社を設立。
1990年3月 能登工場(旧:能都工場)を石川県鳳至郡能都町(現・鳳珠郡能登町)に新設、委託加工先へ賃貸。
1994年9月 大阪支社を廃止。
1996年4月 松任工場を石川県松任市(現・白山市)福留町に新設。
2002年11月 承徳帝賢北日本紡績有限公司(持分法適用関連会社)を設立。
2005年3月 能都産業株式会社を清算。
2005年6月 現在地に本社を移転。
2008年9月 東京証券取引所から上場廃止。
2009年1月 能登工場(旧:能都工場)を閉鎖。
2010年3月 仮撚事業を廃止。
2011年5月 承徳帝賢北日本紡績有限公司を清算。
2013年7月 北日本紡績株式は大阪証券取引所及び東京証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所市場第2部に上場。
2016年12月 株式会社リック・コーポレーション、キタボー興産株式会社を清算。
2017年4月 大阪市中央区に大阪営業所を設置。
2020年7月 東京都中央区に東京本社を設置。