Baozun Inc. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 21億8709万8278 ドル
銘柄コード BZUN(NASDAQ)

Baozun社はブランドのeコマースソリューション会社です。当社は、アパレル、家庭や電子製品、オンラインストアのデザインとセットアップ、ビジュアルマーチャンダイジング、マーケティング、オンライン店舗運営、顧客サービス、倉庫、受注の販売を含むエンドツーエンドの電子商取引ソリューションを、提供に従事しています。そのセグメントは、ITサービス、店舗運営、デジタルマーケティング、顧客サービス、倉庫、フルフィルメント、およびその小売オンラインプラットフォームを運営Maikefengセグメントを含むそのブランドパートナーへのブランド電子商取引ソリューションを、提供ブランド電子商取引のセグメントを含み、 、Maikefeng。その子会社はBaozun香港ホールディングリミテッドとBaozun香港投資事業有限責任があります。

事業概要

株式会社Baozunは、2013年12月17日にケイマン諸島の法律に基づいて法人化された免除会社だ。持株会社であり、100%出資の子会社及び中国連結VIEを通じて事業を展開している。

2007年8月に、CEOのVincent Wenbin Qiu氏、CGOのJunhua Wu氏、Michael Qingyu Zhang氏、その他数名の個人投資家(総称して創業株主)によって設立された中国の有限責任会社である上海宝遵を通じて、中国でブランドeコマースソリューションを提供する事業を開始。

現在は、オンラインで消費者に直接商品を販売したり、Eコマース業務を支援するサービスを提供することで、ブランドの中国におけるEコマース戦略の実行を支援している。

Baozunの統合されたエンドツーエンドのブランドeコマース機能は、ITソリューション、店舗運営、デジタルマーケティング、顧客サービス、倉庫管理、フルフィルメントなど、eコマースのバリューチェーンのあらゆる側面を網羅している。

解釈(interpretation)、実装(implementation)、統合(integration)、革新(innovation)の4つの「I」を熟知しているBaozunは、オンラインとオフラインの様々なタッチポイントでシームレスなショッピング体験を実現するオムニチャネルソリューションを提供している。

経営方針・サービスの運営状況

中国の電子商取引の規模が急速に拡大する中、多くの大手ブランドが電子商取引を拡大戦略の重要な一部と考えている。しかし、業界が複雑化する中で、ブランドは信頼できるパートナーが少ない。そのため彼らは、Eコマース戦略の実行と統合において、現地の知識と業界の専門知識を提供するBaozunを頼りにしている。これにより、ブランドパートナーは、自社のローカルインフラの確立と維持、および独自の能力開発に伴う多額の投資とリスクを回避することができている。

2019年12月31日現在、231のブランドパートナーにEコマースソリューションを提供。これらのブランドは、アパレル・アクセサリー、家電製品、電子機器、家庭用品・家具、食品・健康用品、美容・化粧品、ファストムービング消費財・母乳・ベビー用品、保険・自動車などの多様なカテゴリーを網羅し、中でもフィリップス、ナイキ、マイクロソフトなどのブランドパートナーの多くは、それぞれの業界のリーダー的存在である。

Baozunのブランドパートナーは、エンドツーエンドのブランドeコマース機能により、ブランドパートナーの独自のリソースを活用し、ブランドパートナーのバックエンドシステムとシームレスに統合することで、取引バリューチェーン全体のデータ追跡と分析を可能している。また、BaozunはTmallやJD.comなどの中国の公式ブランドストアや主要なオンラインマーケットプレイス、WeChat Mini Programsなどの一部の新興eコマースチャネルで迅速に商品を発売できるように支援しており、2016年以降、Tmallからは一貫して「6つ星」、つまり最高評価のEコマースサービスパートナーとして認められている。

また、ブランドパートナーがオンラインとオフラインの小売ネットワークを統合するためのO2O戦略を考案し、実行するための支援も行っている。

Baozunがサービス提供するにあたって、店舗運営能力、物流ネットワーク、倉庫のリソースは重要である。そのため、ブランドパートナーには、関連する業界の専門知識とeコマースストアの運営におけるブランド固有のトレーニングを受けた専任のスタッフを配置。全国および地元の大手物流サービスプロバイダーと提携することで、中国全土の200以上の都市で翌日配達を実現している。2019年12月31日現在、当社は8つの戦略的都市に総床面積約50万平方メートルの倉庫を直営し、中国本土、香港、マカオ、台湾の最終顧客にサービスを提供している。

技術面では、独自のスケーラブルな技術インフラとシステム、データ分析能力を活用し、パートナーのオンラインストア運営、マーケティングキャンペーン、在庫管理、注文処理、顧客サービスを同期させる統合型Eコマースソリューションを提供。2017年6月には、人工知能ソリューションの展開とIT能力の強化に焦点を当てたイノベーションセンターを設立し、インテリジェントなオペレーションシステムとデジタルツールを通じてブランドのeコマース業務の効率化を支援している。

イノベーションセンターでは、総合的な機能を備えたオンライン公式ブランドストアや公式ブランドWeChatミニプログラムの効率的なセットアップを可能にする「クラウド型システムプラス」や、効率的な商品管理、店舗コンテンツ管理、店舗イベント管理、顧客分析を可能にする一連のモジュールを網羅した「リテールオペレーションサポートシステム(ROSS)」など、独自の技術を開発し、店舗運営の効率化のための自動化とデジタル化を促進することで、業務への適用を成功させている。

また、ブランドパートナーの販売・マーケティング目標を構造化されたソリューションに変換し、一貫して測定可能な販売結果を提供している。Baozun独自の顧客関係管理システムであるCRMを活用し、多様な消費者行動データを分析している。加えて、ビジネスインテリジェンス・ソフトウェアを開発し、パーソナルコンピュータやモバイルチャネルの取引データをリアルタイムで分析して、よりターゲットを絞った洞察力に富んだマーケティングの提案をブランドパートナーに行うことができている。Baozunは、より多くのチャネルでのソリューション提供を増やし、より多くのマーケティング施策やキャンペーンを開始し、ブランドパートナーの売上を伸ばすことで、ブランドパートナーとの関係はさらに強化されると考えている。

ビジネスモデル

Baozunは、各ブランドパートナーのニーズや商品カテゴリーの特性に応じて、「流通モデル」、「委託モデル」、「サービスフィーモデル」の3つのビジネスモデルのいずれかまたは組み合わせで、ブランドパートナーにソリューションを提供している。

流通モデルでは、ブランドパートナーやその正規代理店から商品を選定・仕入れ、ブランドパートナーに代わって当社が運営するブランド正規店やマーケットプレイス正規店を通じて消費者に直接販売する。

サービスフィーモデルでは、ブランドパートナーをはじめとする顧客に対して、ITソリューション、オンラインストア運営、デジタルマーケティング、顧客サービス等の各種eコマースサービスを提供する。

委託モデルでは、サービス料モデルでカバーされているこれらのサービスに加えて、倉庫保管やフルフィルメントサービスも提供している。

またBaozunは、「商品販売」と「サービス」の2つの収益源から収益を得ている。

商品販売収入は、主に流通モデルにおいてブランドパートナーに代わって消費者に商品を販売することで得られる収益、サービス収入は、主に委託モデル及びサービス料モデルにおいてブランドパートナーやその他の顧客に料金を請求することにより得られる収益である。委託モデル及びサービス料モデルで提供されるサービスについては、主にGMVや受注件数等の変動要因に応じて、固定的な料金や変動的な料金を請求している。