Advanced Micro Devices, Inc. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 987億9335万6000 ドル
銘柄コード AMD(NASDAQ)

Advanced Micro Devices、Inc.は、グローバルな半導体企業です。当社は、スタンドアロンの中央演算処理装置(CPU)のように、のx86マイクロプロセッサを提供することに従事し、又はされて商業、消費者、およびプロフェッショナルグラフィックス市場向けの加速処理ユニット(APU)、チップセット、およびディスクリート・グラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)に組み込まれたとして、サーバと組み込みCPUやゲーム機向けのGPUとのAPU、およびセミカスタムシステム・オン・チップ(SoC)製品および技術。それは2つのセグメントで動作します。サーバーと組み込みプロセッサ、高密度のサーバ、半を含みコンピューティングとデスクトップおよびノー​​トブックプロセッサやチップセット、ディスクリートのGPUおよびプロフェッショナル・グラフィックスが含まれてグラフィックス・セグメント、およびEnterprise、Embeddedおよびセミカスタムセグメント、カスタムのSoC製品、エンジニアリングサービスおよびロイヤルティ。マイクロプロセッサ用のデスクトップPCの製品ブランドは、AMD Aシリーズ、AMD Eシリーズ、AMD FX CPU、AMDのAthlon CPUとAPUです。


事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

Advanced Micro Devices, Inc.(AMD、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ / エーエムディー)は、米国カリフォルニア州サンタクララに本社を置く、主にx86マイクロプロセッサを提供するグローバルな半導体企業。1969年に設立され、1972年にNASDAQに「AMD」のシンボルで株式上場した。2009年11月に、Intelとクロスライセンス契約を締結。

事業内容

Advanced Micro Devices, Inc.(AMD、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ / エーエムディー)は、x86マイクロプロセッサ、チップセット、GPU、サーバーおよび組み込みプロセッサ、セミカスタムのシステムオンチップ(SoC)製品、開発サービス、ゲーム機向けの技術を提供している。

AMDのマイクロプロセッサとチップセットは、x86命令セットアーキテクチャとAMD Infinity Fabricをベースにしており、オンチップ・メモリコントローラと入出力(I/O)チャネルを1つ以上のマイクロプロセッサコアに直接接続している。

AMDでは、電力管理技術の設計原理と革新的な技術により、製品のエネルギー効率を継続的に向上させることに注力している。そのために、AMDでは複数の低電力状態を持つCPU、GPU、APU、SoC、チップセットを提供している。

AMDは、GLOBALFOUNDRIES Inc.との間で、AMDがGFの製造する製品を購入する条件を定めたウェハ供給契約を締結している。AMDはまた、特定の製品のウェハーを生産するために、TSMCとの間でファウンドリー契約を結んでいる。

デスクトップ

2019年5月には、AMDチップレット設計アプローチを採用した新しい「Zen 2」コアアーキテクチャをベースにした第3世代AMD Ryzenデスクトッププロセッサ・ファミリーを発表した。2019年11月には、AM4メインストリーム・プラットフォーム・インフラストラクチャのフラッグシップ製品である『AMD Ryzen 9 3950X』のグローバル展開を発表した。この製品は、PC購入者向けに設計された16コアと32スレッドの高コア数を可能にする。

また、メインストリームAM4プラットフォーム・ポートフォリオのバリューエンドでは、低価格帯のデスクトッププラットフォームを構築するエンドユーザーに向けて、より優れたパフォーマンスと価値を提供する新しい『AMD Athlon 3000G』プロセッサも発表した。

メインストリーム製品ファミリーに加えて、クリエイターや愛好家向けのハイエンドデスクトップセグメントのニーズに応えるために、新しいTRX40プラットフォームをベースに構築された、次世代『Ryzen Threadripper』製品ラインを発表した。

ノートブックと2in1PC

AMDは、コンシューマーおよび商用市場向けのノートPCプラットフォーム向けに、高性能かつ低消費電力のAPUの設計と開発に引き続き投資している。

2019年1月には、すべてのノートブックセグメントを網羅するモビリティラインアップを発表した。第2世代『AMD Ryzen 3000』シリーズ・モバイルプロセッサは、超薄型、業務用およびゲーミングノートブックに対応し、『AMD Athlon 300』シリーズ・モバイルプロセッサは、「Zen」コアを搭載したメインストリームノートブックに対応する。最適化された第7世代Aシリーズプロセッサは、メインストリームのChromebooksノートブックコンピュータのパフォーマンスを向上させる。

2020年1月には、『AMD Ryzen 4000』シリーズ・モバイルプロセッサーファミリーの一部として、x86 8コア超薄型ラップトッププロセッサーである『AMD Ryzen 4000 U』シリーズを発表した。ファミリーの一部として、ゲームやコンテンツ制作向けの『Ryzen 4000 H』シリーズ・モバイルプロセッサを発表した。

商用

AMDは、企業顧客が必要とするパフォーマンス、セキュリティ、商用グレードの品質、プラットフォームの長寿命化、拡張された画像安定性などを設計したソリューションを提供している。

2019年4月には、Radeon Vega Graphicsを搭載した第2世代『AMD Ryzen PRO』モバイルプロセッサと『AMD Athlon PRO』モバイルプロセッサを発表した。これらのプロセッサは、電力効率の高いパフォーマンス、セキュリティ機能、商用グレードの信頼性と管理性を提供する。

2019年9月には、新しい『AMD Ryzen PRO 3000』シリーズ・デスクトッププロセッサをグローバルに発売することで、商用デスクトップのラインアップを拡充した。『AMD Ryzen 9 PRO 3900』、『AMD Ryzen 7 PRO 3700』、『AMD Ryzen 5 PRO 3600』は、最大12コア、24スレッドを提供し、「Zen 2」のコンピューティング性能と高コア数をもたらす。

チップセット

2019年7月に発表された新しい『X570』チップセットをはじめ、エンスージアスト向けデスクトッププラットフォーム向けに設計されたPCIe 4.0をサポートするチップセット製品を、フルラインナップで提供している。

グラフィックス製品

従来のグラフィックス市場に加えて、グラフィックスプロセッサを搭載したアクセラレーションコンピューティングの市場も大きく成長しているが、これは主に高性能コンピューティングと機械学習・ディープラーニングで構成されている。グラフィックス・コンピューティング市場のもう1つの成長分野は、ブロックチェーン技術である。

グラフィックス処理は、AMDが作成するほとんどすべてのものの基本的なコンポーネントであり、APU、GPU、SoC、またはディスクリートGPUと上記の製品のいずれかを組み合わせて使用することができる。

AMDのAPUは、CPUとGPUを1つのチップに統合することで、バリューPCやメインストリームPC向けのビジュアル処理機能を提供する。また、ディスクリートGPUは、あらゆるプラットフォームで高性能なグラフィックス処理を提供する。

デスクトップ、ノートブックグラフィックス

2019年1月には、7nmプロセス技術で構築され、16GBのHBM2メモリ(高帯域幅メモリ)と1TB/秒のメモリ帯域幅を搭載した、ゲーマー、クリエイター、愛好家向けのプレミアム・グラフィックスカード『AMD Radeon VII』を発表した。

2019年5月には、より優れたパフォーマンス、電力、メモリ効率を実現するために設計されたRDNAゲーミングアーキテクチャを発表した。

2019年10月には、『AMD Radeon RX 5500』シリーズを発表した。2020年1月には、『AMD Radeon RX 5600』シリーズのグラフィックス製品を発表し、1080pゲーマーにハイパフォーマンスを提供している。

プロフェッショナル・グラフィックス

『AMD Radeon Pro』ファミリーのプロフェッショナル・グラフィックス製品には、モバイルおよびデスクトップ・ワークステーションに統合するために設計されたマルチビュー・グラフィックスカードとGPUが含まれる。『AMD Radeon Pro』グラフィックス・カードは、CAD向けのデザインや製造、放送やアニメーション・パイプライン向けのメディアやエンターテインメントなど、要求の厳しいユースケース向けに設計されている。『AMD Radeon Pro』は、建設、建築、機械設計のためにGPUで加速されたビジュアライゼーションを利用するエンドユーザーをサポートする。

データセンター・グラフィックス

『AMD Radeon Instinct』ファミリーのGPU製品は、ディープラーニングトレーニングやシミュレーションなどのデータセンターアプリケーション向けに設計されており、GPUの計算能力が卓越した柔軟性とパフォーマンスを提供する。

エンタープライズ、組み込み、セミカスタム

サーバー・プロセッサ

AMDのサーバープラットフォーム向けマイクロプロセッサには、『AMD EPYC』シリーズ・プロセッサ、『AMD Opteron X』、『A-Series』プロセッサがある。

組み込みプロセッサ

AMDの組み込みプロセッサは、インタラクティブなデジタルサイネージ、カジノゲーム、医療用画像処理装置などに利用されている。製品には、『AMD Embedded V-Series APU』、『AMD Embedded R-Series APU』、『AMD Embedded G-Series SoC』プラットフォーム、『AMD Embedded Radeon GPU』などがある。

セミカスタム

AMDのセミカスタム製品は、AMDのCPU、GPU、およびマルチメディア・テクノロジーをベースにした、カスタマイズされた共同開発の高性能な顧客専用ソリューションである。AMDは、Sony PlayStationやMicrosoft XboxのセミカスタムSoC製品を開発している。

顧客

AMDのマイクロプロセッサの顧客は、主にOEM、大規模な直接データセンター、ODM(相手先ブランド製品メーカー)、システムインテグレータ、および国内および国際市場での独立した販売代理店から構成されている。

AMDのチップセット製品の顧客は主に、OEMマザーボードを製造するPC OEMと、チップセットをチャネルマザーボードに組み込んでいるデスクトップおよびサーバーマザーボードメーカーで構成されている。

AMDの主要顧客であるSony Interactive Entertainment LLCは、2019年12月28日終了年度の連結純収益の10%以上を占めている。

大規模な多国籍企業と地域のアカウントは、AMDのOEMパートナーの中核となっている。AMDのOEM顧客には、サーバー、ワークステーション、デスクトップ、ノートパソコン、PCマザーボード、ゲーム機などの国内外の多数のメーカーが含まれる。


2019年12月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年2月4日)