グリムスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 631億4300万 円
銘柄コード 3150(市場第一部(内国株))

株式会社グリムスは東京都品川区に本社をおく企業。2005年、エネルギーコストや環境負荷の削減などの事業を目的に設立。2009年JASDAQに上場し、ブログパーツ型環境貢献サービス「グリムス」、翌年住宅用太陽光発電システム等の店舗販売を開始。現在は子会社のグリムスソーラーとしてスマートハウスプロジェクト事業、GRコンサルティング及びGFライテックとしてエネルギーコストソリューション事業、グリムスベンチャーズとしてインキュベーション事業を展開。


2005年7月 エネルギーコスト及び環境負荷の削減に係る事業を行う目的で、東京都新宿区に株式会社ユビキタスエナジー(資本金50,000千円)を設立。
2006年8月 関西地区への販売拠点として大阪支店を開設。
2006年11月 業容及び人員数の拡大に伴い、本社を東京都新宿区から品川区へ移転。
2007年5月 中部地区への販売拠点として名古屋支店を開設。
2007年7月 エコロジーソリューション事業(現:スマートハウスプロジェクト事業)としてエコキュート及びIHクッキングヒーターの販売開始。
2007年11月 ㈱ネオ・コーポレーションと電子ブレーカーの商品売買基本契約を締結。
2009年3月 ㈱ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2009年8月 ㈱京セラソーラーコーポレーションと住宅用太陽光発電システムの販売店取引基本契約を締結。
2009年10月 ブログパーツ型環境貢献サービスを行うインターネット上のウェブサイト「グリムス(gremz)」の譲受けに関する売買契約を締結し、運営を開始。
2010年4月 グリーンハウスプロジェクト事業(現:スマートハウスプロジェクト事業)として住宅用太陽光発電システム等の販売を開始。
2011年4月 新設分割の方式の会社分割により、㈱グリムスソーラー・㈱GRコンサルティングを設立し、持株会社制へ移行。また、商号を㈱グリムスへ変更。
2011年6月 プレミアムウォーター㈱と合弁会社㈱グリムスプレミアムウォーターを設立。
2011年7月 ウォーターサーバー事業(現:スマートハウスプロジェクト事業)としてミネラルウォーターの
2012年1月 本社を品川区東五反田から同区東品川へ移転。
2012年5月 長州産業㈱と住宅用太陽光発電システムの売買取引基本契約書を締結。
2012年12月 ㈱エフティコミュニケーションズと合弁会社㈱GFライテックを設立し、LED照明の販売を
2013年3月 ㈱グリムスプレミアムウォーターの事業を一部譲渡。
2013年7月 ㈱グリムスソーラーが、自社を存続会社として㈱グリムスプレミアムウォーターを吸収合併。
2013年9月 パナソニックESソーラーエナジー販売㈱と住宅用太陽光発電システムの売買基本契約書を
2013年11月 ㈱グリムスベンチャーズ(現:㈱ペットシア)を設立。インキュベーション事業として、新規事業の創出を行う事業を開始。
2013年12月 電力のマネジメント等を行う㈱エナリスと包括的な協業に関する契約を締結。電力取次の取扱い開始。
2014年3月 保有株式の一部譲渡により㈱ネオ・コーポレーションを持分法の適用範囲から除外。
2014年9月 ㈱エナリスを割当先とする第三者割当増資(増加資本金211,569千円)を実施。
2015年5月 ㈱エナリスよりグリムスソーラー嬬恋 太陽光発電所を購入。稼働開始。
2016年2月 ㈱GFライテックの商号を㈱グリムスパワーに変更。
2016年5月 静岡県浜松市にて、グリムスソーラー懐山 太陽光発電所を建設。稼働開始。
2016年12月 小売電気事業として電力の小売を開始。
2017年10月 ㈱グリムスベンチャーズ(現:㈱ペットシア)を譲渡。
2018年3月 インキュベーション事業を廃止。
2020年6月 東京証券取引所市場第二部へ上場市場変更。