神戸物産 沿革

銘柄コード

3038 (市場第一部(内国株))

時価総額

9904億3200万円

神戸物産 沿革

銘柄コード

3038 (市場第一部(内国株))

時価総額

9904億3200万円

1981年4月 兵庫県加古川市神野町石守において、創業者沼田昭二が屋号をフレッシュ石守として食品スーパーを開業する。
1985年11月 有限会社フレッシュ石守を兵庫県加古川市に設立。
1986年10月 フレッシュ石守伊川谷店を神戸市西区において開業。
1988年6月 フレッシュ石守稲美店を兵庫県加古郡稲美町において開業。
1991年4月 株式会社フレッシュ石守に組織変更。
1992年7月 中国の自社グループ工場として大連福来休食品有限公司を中国遼寧省に設立。
2000年3月 業務スーパー本部としてフランチャイズ(以下「FC」)体制をスタートさせ、「業務スーパー」のFC契約の1号店を兵庫県三木市に開店。
2001年10月 株式会社フレッシュ石守が旧株式会社神戸物産を吸収合併。同時に株式会社神戸物産に社名変更。
2001年12月 地方でのFC業務の強化のため、地方エリアFC体制をスタートさせ、「業務スーパー」のエリアFC契約の1号店を新潟県燕市に開店。
2002年6月 東日本でFC業務の強化のため、横浜営業所FC関東本部を設置。
2004年1月 東南アジアにおける生産拠点の開拓のため、神戸物産(香港)有限公司を中国香港行政区に設立。
2004年2月 中国の自社グループ第2工場として神戸物産(安丘)食品有限公司を中国山東省に設立。
2004年8月 大連福来休食品有限公司の神戸物産所有全株式を神戸物産(香港)有限公司に譲渡。
2004年11月 直営店として「神戸クック デリ」(現 馳走菜)1号店を兵庫県加古郡稲美町に開店。
2006年4月 FC契約での「神戸クック・ワールドビュッフェ」1号店を開店。
2006年6月 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
2006年7月 有限会社パスポート倶楽部(現 株式会社神戸物産フーズ)の出資持分を100%取得し、子会社とする。
2006年10月 KOBE BUSSAN EGYPT Limited Partnershipをエジプトに設立。
2007年10月 関西物流センターを神戸市灘区に開設。
2008年3月 有限会社ウエボス(後の株式会社オースターエッグ)の出資持分を100%取得し、子会社とする。株式会社ターメルトフーズの株式を100%取得し、子会社とする。
2008年4月 株式会社ベストリンケージを100%出資で設立し、子会社とする。
2008年10月 農業生産法人である株式会社神戸物産エコグリーン北海道を設立。
2008年11月 株式会社ソイキューブを100%出資で設立し、子会社とする。
2009年2月 株式会社マスゼンを100%出資で設立し、子会社とする。
2009年3月 秦食品株式会社を100%出資で設立し、子会社とする。
2009年5月 株式会社肉の太公・宮城製粉株式会社を100%出資で設立し、子会社とする。
2009年10月 株式会社麦パン工房を100%出資で設立し、子会社とする。
2011年3月 株式会社エコグリーン埼玉を100%出資で設立し、子会社とする。
2011年11月 株式会社グリーンポートリーを100%出資で設立し、子会社とする。
2012年2月 珈琲まめ工房株式会社を100%出資で設立し、子会社とする。
2012年11月 新規事業として、太陽光発電事業を開始する。
2012年12月 ほくと食品株式会社の株式を全株取得し、100%子会社とする。
2012年12月 大阪証券取引所市場第一部に指定。
2013年1月 豊田乳業株式会社を100%出資で設立し、子会社とする。
2013年4月 北海道エリアを直轄エリアとする。
2013年5月 株式会社富士麺業を100%出資で設立し、子会社とする。
2013年7月 大阪証券取引所現物市場と東京証券取引所現物市場の統合に伴い東京証券取引所市場第一部に上場。
2013年8月 連結子会社の株式会社ジー・テイスト、株式会社ジー・ネットワークス及び株式会社さかい3社が経営統合し、存続会社を株式会社ジー・テイストとする。
2013年11月 Kobebussan Myanmar Co.,Ltd.をミャンマーに100%出資で設立し、子会社とする。
2014年4月 菊川株式会社の株式を全株取得し、100%子会社とする。
2015年1月 株式会社ジー・アカデミーを株式会社ジー・テイストから会社分割により設立。
2015年2月 2月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を実施。
2015年8月 2015年10月末の株主様を対象に、株主優待制度を導入。
2015年11月 11月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を実施。
2017年4月 九州エリア(鹿児島県、沖縄県を除く)を直轄エリアとする。
2018年4月 株式会社ジー・テイストが株式会社敦煌を100%出資で設立し、子会社とする。
2018年5月 FC契約での「馳走菜」1号店を堺市中区に開店。
2018年6月 株式会社ジー・テイストが株式会社オーディンフーズ(現 株式会社テンフォー)の第三者割当増資を引き受け、子会社とする。
2018年7月 株式会社ジー・テイストが株式会社タケモトフーズの株式を全株取得し、子会社とする。
2018年8月 北海道白糠郡白糠町にて木質バイオマス発電所が稼働。
2018年9月 株式会社ジー・テイストが株式会社壁の穴の株式を取得し、子会社とする。
2018年10月 株式会社ジー・テイストが株式会社湯佐和の株式を取得し、子会社とする。
2018年11月 11月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を実施。
2019年3月 株式会社オースターエッグ(現 株式会社オースターフーズ)が株式会社ソイキューブ及び株式会社富士麺業を吸収合併する。
2019年7月 株式会社ジー・テイストが株式会社ふらんす亭を実質支配力基準により、子会社とする。
2019年11月 11月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を実施。
2020年4月 株式会社オースターフーズが株式会社サラニ、株式会社フリュティエより全事業を譲受ける。
2020年6月 株式会社クックイノベンチャーの全株式を譲渡し、株式会社クックイノベンチャー、株式会社ジー・コミュニケーション、株式会社ジー・テイスト及びその他連結子会社11社を連結の範囲から除外する。
2020年11月 11月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を実施。