ビーアールホールディングス【1726】 沿革・創業ストーリー

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

162億5700万円

ビーアールホールディングス【1726】 沿革・創業ストーリー

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

162億5700万円

1948年3月 鉄道砂利工業㈱を創業。
1948年4月 日本国有鉄道砂利納入業者および軌道工事指定業者となる。
1953年6月 大竹PC工場開設(1976年3月廃止)。
1954年6月 鉄道砂利工業㈱を極東工業㈱に社名変更。
1955年2月 極東鋼弦コンクリート振興株式会社とフレシネー工法実施についての非独占的再実施権の取得契約。
1970年12月 現住所に本店を移転。
1989年12月 豊工業㈱を設立。
1994年7月 ケイ・エヌ情報システム㈱を設立。
1995年1月 特定建設業建設大臣許可(特-6)第2840号を取得。(以後、5年ごとに許可更新)
1996年3月 キョクトウ高宮工場㈱(現 キョクトウ高宮㈱)を設立。
1999年12月 広島証券取引所に株式を上場。
2000年3月 広島証券取引所吸収合併に伴い、東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
2002年4月 極東工業㈱取締役会において、株式移転による持株会社体制への移行準備に入ることを決議。
2002年5月 極東工業㈱取締役会において、持株会社の経営体制に関することを決議。
2002年6月 極東工業㈱第61回定時株主総会において、株式移転により完全親会社であるビーアールホールディングスを設立することを承認、決議。
2002年9月 ビーアールホールディングスの普通株式を東京証券取引所に上場。
2002年9月 株式移転によるビーアールホールディングスの設立登記を行う。
2003年2月 極東工業㈱の会社分割により本社土地、建物及び関係会社4社株式を取得。
2005年7月 興和コンクリート㈱の全株式を取得。
2007年7月 東日本コンクリート㈱の全株式を取得。
2008年4月 極東工業㈱と興和コンクリート㈱が合併し、極東興和㈱となる。
2009年7月 東日本コンクリート㈱と極東テクノ㈱が合併。
2012年4月 東日本コンクリート㈱と㈱構造テクノが合併。
2013年7月 極東興和㈱と㈱ビーアールインターナショナルが合併。
2016年3月 東京証券取引所市場第一部に市場変更。