ゼネラル・エレクトリック・カンパニー 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1148億2462万4000 ドル
銘柄コード GE(NYSE)

ゼネラル・エレクトリック社(略称:GE)は、コネチカット州に本社を置く世界的なデジタル、電子機器産業企業。1892年にトーマス・エジソンのEdison General Electric Companyと Thomson-Houston Electric Company of Lynnが合併して設立。現在は航空機エンジン、発電、石油・ガス生産設備から医療用画像処理、金融事業や工業製品などがある。


事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

General Electric Company(ゼネラル・エレクトリック/ GE)は、米国マサチューセッツ州ボストンに本社を置く多国籍コングロマリット企業。1878年、トーマス・エジソン氏が設立した「Edison Lamp Company」を源流とする。翌1879年、エジソン氏率いるチームが最初の発電機を発明。1882年、ニューヨークに米国初の中央発電所「パール・ストリート・ステーション」を開設し、発電事業を開始した。1889年、エジソン氏が保有していた複数の電力関連企業を統合し、「Edison General Electric Company」設立。1892年、J.P. Morgan氏とAnthony J. Drexel氏によって設立された「Drexel, Morgan & Co.」より資金提供を受け、競合企業「Thomson-Houston Electric Company of Lynn」と合併したことで、エジソン氏の名前を取り払った「General Electric」が誕生した(初代社長はThomson-Houston社長のCharles Coffin氏)。

1927年にはテレビ放送を実演し、翌1928年にテレビ放送を開始した。コンピュータ技術にも注力し、1959年にはメインフレーム事業に参入、『GE-200』シリーズを発売した。

1981年、ジャック・ウェルチ氏がCEOに就任。選択と集中、リストラやダウンサイジングによって、巨大化した企業を国際競争力の高い事業に整理したことでGEを成長に導いた。

2001年にウェルチ氏が引退、後任としてジェフリー・イメルト氏がCEOに就任。金融部門の統廃合や家電部門の売却等を進めた。

2017年、ジョン・フラナリー氏がCEOに就任。インダストリアル・ソリューション、トランスポーテーション事業を売却した。翌2018年、ローレンス・カルプ氏がCEOに就任。2018年6月、110年以上続いていたダウ構成銘柄から外れた。

GEは日本との関係も深く、1886年に日本政府の印刷工場用に発電機を納入して日本での事業を開始した。1903年、日本に販売事務所を開設して事業展開を本格化。1905年に東京電気(現・東芝)株式の51%を保有し、特許をライセンスしたうえで役員も派遣した。1909年には芝浦製作所(現・東芝)株式の24.8%を保有し、東京電気と同様に芝浦製作所にも特許をライセンス、役員も派遣するなど協力関係を築いた。

事業内容

General Electric(ゼネラル・エレクトリック/ GE)は、電力、再生可能エネルギー、航空、ヘルスケアの4つの事業セグメントと、金融サービスのキャピタル事業を通じて、世界的に事業を展開するハイテク産業企業である。

2020年2月時点で、General Electricは、170カ国以上の国々で顧客にサービスを提供している。General Electricおよび連結関連会社は約20万5,000人を雇用しており、そのうち約70,000人が米国で雇用されている。

電力事業

電力事業は、エネルギー生産に関連する製品とサービスを提供し、発電、産業、政府機関、その他の世界中の顧客にサービスを提供している。製品と技術は、石油、ガス、化石、ディーゼル、原子力、水などの資源を利用して電力を生産するもので、ガスタービンや蒸気タービン、プラントのフルバランス、アップグレード、サービスソリューション、ソフトウェアなどがある。

ガス電力

小型の移動式電力から公共規模の発電所まで、公益事業者、独立系発電事業者、および多数の産業用事業者向けに、ヘビーデューティーガスタービンや空気分解式ガスタービンの幅広い製品を提供している。General Electricのガスタービンの設置ベースは、2019年12月31日時点で約7,700台である。

General Electricは、顧客と事業の長期的な戦略に不可欠なHAタービンなどの新製品開発に、アップグレードを含めて投資を継続している。

電力ポートフォリオ

電力ポートフォリオでは、ボイラー、発電機、蒸気タービン、総合排煙処理システム(AQCS)を含む化石および原子力アプリケーション向けの蒸気発電技術を提供し、発電所の寿命にわたって効率的な発電と性能の提供を支援する。海洋、石油・ガス、再生可能エネルギー、鉱業、鉄道、金属、試験システム、水などのエネルギー集約型産業にモーター、発電機、自動化・制御装置、駆動装置を提供している。

日立や東芝との原子力発電所の合弁事業を通じて、原子炉、燃料、沸騰水型原子炉のサポートサービスなど、先進的な原子炉技術ソリューションを提供している。

再生可能エネルギー

General Electricは、世界中の顧客に、エネルギー機器やプロジェクト、グリッドソリューション、デジタルサービスの設計・製造を行っている。陸上および洋上風力、ブレード、水力、グリッドソリューション、ハイブリッド再生可能エネルギー、デジタルサービスを組み合わせて、400ギガワット以上のクリーンな再生可能エネルギー機器を設置し、世界中の90%以上の公益事業者にグリッドソリューションを提供している。

陸上風力発電

陸上風力発電業界向けに、様々な風環境に適したスマートなタービンを提供している。Digital Wind Farmはサイトレベルのソリューションであり、顧客の車両運用を改善する接続性と適応性に優れたエコシステムを構築する。General Electricの陸上風力タービンの設置ベースは、2019年12月31日時点で約45,000基となっている。

洋上風力発電

世界で最も強力な洋上風力タービンである『Haliade X-12MW』プロトタイプで、洋上風力発電技術で業界をリードしている。

グリッドソリューション

高電圧機器、パワーエレクトロニクス、オートメーション、保護機器などの製品を、発電、送電、配電、石油・ガス、通信、鉱業、水産業に提供することで、発電地点から最終顧客に電力を確実かつ効率的に届けるための設備を提供している。

水力発電

General Electricは、世界中の設置済み水力発電容量の25%以上を占めており、大規模水力発電所と小規模水力発電所の両方のソリューションの設計、管理、建設、設置、保守、運用を含むソリューションとサービスを提供している。

再生可能エネルギー戦略

General Electricは、デジタルソリューションを用いて水力発電技術の効率性と柔軟性をさらに向上させるための新たな方法を模索し、風力エネルギーのコストを下げ続ける大型ローター、高さのあるタワー、高い銘板定格などの風力タービン製品の改良に投資を続けている。

General Electricは引き続き、General Electric製品のコスト削減の取り組み、ブレードの生産をインソーシングし、『Haliade-X』(洋上風力)や『Cypress』(陸上風力)のような、より大型で効率的なタービンを開発することに注力している。2019年、General Electricはこれまでで最大規模の『Cypress』を受注し、米国と英国の2つの洋上風力プロジェクトの優先サプライヤーに選ばれた。

航空事業

航空事業は、民間および軍用航空機用エンジン、統合デジタルコンポーネント、電気式部品を設計・製造している。電力および機械式の航空機システムや、製品をサポートするアフターマーケットサービスも提供している。

商用

General Electricの商用エンジンは、リージョナル、ナローボディ、ワイドボディなど、あらゆるカテゴリーの航空機に動力を供給している。フランスのSafran GroupやUnited Technologies Corporationとの合弁事業を通じて、エンジンの製造と販売も行っている。General Electricの商用エンジンの搭載数は、2019年12月31日時点で約37,800基である。

2018年には、Bombardier Global 7000ビジネスジェットの動力源となる初のパスポートエンジンを出荷した。また、先進ターボプロッププログラムと『GE9X』エンジンの開発を継続しており、ワイドボディ航空機分野での応用に向けた最新技術を取り入れている。

『LEAP』は引き続きGeneral Electricにとって強力なエンジンプログラムであり、ボーイング社とエアバス社のプラットフォーム向けに1,736基の『LEAP』エンジンを2019年に納入した。

軍用

General Electricの軍用エンジンは、戦闘機、爆撃機、タンカー、ヘリコプター、偵察機など、様々な軍用機の動力源となるほか、海洋用途にも使用されている。General Electricの軍用エンジンの搭載ベースは、2019年12月31日時点で約26,600基である。

2019年、米国陸軍は、アパッチヘリコプターとブラックホークヘリコプターの代替エンジンとして、General Electricの『T901』エンジンを契約し、2018年には米国空軍はボーイング社を契約先に選び、General Electricの『F404』エンジンを搭載した新型のT-7Aレッドホーク練習機351機を生産した。

ヘルスケア事業

ヘルスケアは、先進国と新興国市場に、医療用画像処理、デジタルソリューション、患者モニタリング・診断、創薬、バイオ医薬品製造技術、および精密健康のパフォーマンス改善ソリューションを提供している。製品とサービスは、主に病院、医療施設、製薬会社、バイオテクノロジー企業、ライフサイエンス研究市場向けに世界中で販売されている。

ヘルスケアシステム

患者の診断、治療、モニタリングに使用される幅広い製品とソリューションの開発、製造、販売、サービスを行っており、画像診断、超音波診断、ライフケアソリューション、企業向けソフトウェア・ソリューションなどが含まれる。

イメージングには、磁気共鳴、コンピュータ断層撮影、分子イメージング、X線システム、補完的なソフトウェアとサービスが含まれ、一般的な診断、女性の健康、画像誘導療法で使用される。超音波検査装置には、高周波音波装置、補完的なソフトウェア・サービスが含まれており、幅広い臨床環境に合わせた診断に使用されている。

ライフケアソリューション(LCS)には、集中治療、麻酔治療、心臓診断、周産期医療などで使用するための臨床モニタリングシステムや急性期ケアシステム、補完的なソフトウェアやサービスが含まれている。

2019年に、『GE Senographe Pristina with Dueta』は、患者支援マンモグラフィ検査機能が評価され、TIME誌のベスト発明リストに選出された。インテリジェントCTスキャナー『GE Revolution』ファミリーの最新製品である『Revolution Maxima CT』を発売した。CTワークフローの生産性を最大化するように設計された製品には、AIベースの新しい自動ポジショニングソリューションも含まれている。

ライフサイエンス

General Electricは、創薬、バイオ医薬品産業、細胞・遺伝子治療技術のための製品、サービス、製造ソリューションを提供し、科学者や専門家が病気の予測、診断、治療のための新しい方法を発見できるようにしている。また、高度な生体内診断法による疾病の早期発見、診断、管理のために医師を支援するために、医療スキャン手順で使用される革新的な画像処理剤の研究、製造、販売も行っている。

2019年2月、General Electricは、BioPharma事業を、約214億ドルの対価でDanaher Corporationに売却することで合意した。

キャピタル事業

キャピタル事業は、航空、電力、再生可能エネルギー、ヘルスケアなどの分野におけるGeneral Electricの業界特有の専門知識をベースに、金融商品やサービスを世界中で提供している。

GE Capital Aviation Services (GECAS)は、50年以上の経験を持つ航空会社で、ナローまたはワイドボディ航空機、リージョナルジェット、ターボプロップ、貨物機、エンジン、ヘリコプター、資金調達、資材など、幅広い資産を提供している。GECASは、オペレーティングリース、セールリースバック、資産売買、サービス、機体部品管理など、これらの資産に関する幅広い融資商品やサービスを提供している。GECASは1,700機以上の航空機を所有、サービス、または発注しており、世界20カ所のオフィスネットワークから75カ国、約225社の顧客にサービスを提供している。

Energy Financial Services (EFS)は、世界的なエネルギー投資会社で、電力および再生可能エネルギー向けの金融ソリューションと引受能力を提供している。

Industrial Finance (IF) のWorking Capital Solutions (WCS)事業は、General Electricに運転資金サービスを提供し、2018年12月31日まではヘルスケア機器のファイナンスも提供していた。

2018年に、General Electricキャピタルを縮小し、より集中的にするための計画を発表した。2019年8月、Apollo Global ManaGeneral Electricment, LLCとAthene Holding Ltd.との間で、航空融資事業であるPK AirFinanceをGECASから売却する最終契約を締結したことを発表した。


2019年12月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年2月24日)