Deere & Company 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1059億149万8000 ドル
銘柄コード DE(NYSE)

事業内容とビジネスモデル

沿革・企業概要

Deere & Companyは、米国イリノイ州モリーン市(アイオワ州ダベンポート郊外)に本社を置く農業機械、および建設機械のメーカーである。1837年に創設された。世界最大の農業機械メーカーである。社名より創業者の名を冠したブランド名である「ジョン・ディア (John Deere)」 がよく知られており、緑色の機体色に映える黄色のホイールと鹿のエンブレムがブランドアイコンとなっている。

2019年11月3日現在、Deere & Companyの従業員は約7万3,500人で、そのうち米国とカナダの従業員は約3万人でった。また、Deere & Companyはコンサルタント、独立請負業者、臨時・パートタイム労働者を雇用している。

製品・サービス

Deere & Companyは、3つの主要な事業セグメントに分類される事業を行っている。

農業・芝事業

農業・芝事業は、大型・中型・汎用トラクター、トラクターローダー、コンバイン、綿花摘み機、綿花ストリッパー、サトウキビ収穫機、収穫前工程機器、サトウキビローダー、プルビハインドスクレーパー、散布機、養分管理機、土壌改良機などの耕うん・播種・散布機器などの関連サービス部品の製造・販売を行う事業である。また、飼料用自走式収穫機やアタッチメント、ベーラー、芝刈り機などの乾草・飼料用機器、乗馬型芝刈り機や歩行型芝刈り機、ゴルフコース用機器、ユーティリティビークル、商用刈り払い機などの芝・ユーティリティ機器、幅広い関連機器、統合型農業管理システムの技術とソリューション、その他の屋外用動力製品などを製造している。

建設・林業

建設・林業部門では、バックホーローダー、クローラドーザーおよびローダー、四輪駆動ローダー、ショベルカー、モーターグレーダー、多関節ダンプトラック、ランドスケープローダー、スキッドステアローダー、フライス盤、リサイクラー、スリップフォーム舗装機、表層鉱夫、アスファルト舗装機、コンパクター、タンデムおよびタンデムローダーなどといった、主に建設、土木、道路建設、資材運搬、木材伐採などで使用される機械やサービス部品を幅広く製造・販売している。

金融サービス事業

金融サービス事業では、主にDeere & Companyのディーラーによる農業用・芝用機器、建設・林業用機器の新品・中古品の販売およびリースに資金を提供している。また、金融サービス部門では、上記の機器の販売店への卸売り融資、小売リボルビングチャージ口座への融資、機器の延長保証の提供を行っている。

販売戦略

米国とカナダでは、カンザス州オラテとノースカロライナ州ケーリーにある2つの農業・芝用機器の販売・管理事務所とオンタリオ州グリムスビーにある1つの販売支店、イリノイ州モリーンにある1つの建設・土木・資材運搬・林業用機器の販売・管理事務所、テネシー州ナッシュビルにある1つの道路建設用機器の販売・サービス・管理事務所を通じて、機器とサービス部品の販売を行っている。

さらに、機器事業では、米国とカナダの9つの地域のパーツデポと流通センターと連携して、集中的なパーツ流通倉庫を運営している。これらの米国およびカナダの施設を通じて、Deere & Companyは約1,977のディーラー拠点に製品を販売しているが、そのほとんどは独立して所有・運営されている。

米国とカナダ以外の国では、Deere & Companyの農業用・芝用機器は100カ国以上の販売店やディーラーに販売され、再販されている。アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、メキシコ、オランダ、ポーランド、ロシア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、トルコ、ウクライナ、イギリスに販売・管理事務所があり、ガーナとケニアに管理事務所がある。

米国とカナダ以外の地域では、主にヨーロッパとオーストラリアで芝刈り機の販売を行っており、建設機械、土木機械、マテハン、林業機械は主にオーストラリア、ブラジル、中国、フィンランド、ニュージーランド、ロシア、シンガポールにある営業所が販売代理店やディーラーに販売している。これらの販売店の中には、Deere & Companyが他の販売店を所有する一方で、独立した会社もある。

機器事業では、ブラジル、ドイツ、インド、ロシアに集中型の部品流通倉庫を運営し、アルゼンチン、オーストラリア、中国、メキシコ、南アフリカ、スウェーデン、英国にある地域部品センターや流通センターと連携している。Deere & Companyは、エンジン、パワートレイン、電子部品を、厳選された営業所を通じて、または地域ごとに直接販売しており、世界的なオリジナル機器メーカーや独立系エンジン販売会社も存在している。