コンセックの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 23億8600万 円
銘柄コード 9895(JASDAQ(スタンダード・内国株))

株式会社コンセックは、広島県広島市に本社を置く企業。1967年に建設資材の販売とアンカー工事施工を目的に建設サービス(株)を設立。1976年に建設機械の製造・販売を目的に発研(株)を設立。2004年にジャスダックに上場。現在は発研グループ事業、販売グループ事業、工事グループ事業を中心に、核となる建設・土木関連事業を発展させると共に介護ビジネスやIT関連事業にも注力している。


1967年11月 広島市河原町に資本金50万円で建設サービス株式会社(現、株式会社コンセック)を設立し、アンカー工事と建設資材の販売を開始。
1969年6月 水島営業所を開設。
1970年10月 スタッドジベル工法を採用し、橋桁H鋼および建築鉄鋼へのジベル筋瞬間溶接工事を開始。
1971年8月 岡山営業所を開設。
1972年3月 本社を広島市舟入中町に移転。
1976年10月 建設機械の製造販売を目的とした発研株式会社を設立、同時に資本参加し関係会社とする。
1979年2月 東京営業所を開設。
1980年8月 本社社屋を広島市西区商工センターに新築移転。
1980年8月 広島営業所を開設。営業所店舗は10店舗となった。
1983年12月 大阪営業所を開設、貿易部門を併設。
1984年8月 コンセックブランド名「モーリーアンカー」の卸販売を開始。
1988年10月 発研株式会社を吸収合併。
1989年12月 広島配送センターを開設。
1990年4月 社名を株式会社コンセックに変更。
1990年11月 株式を店頭登録により公開。
1991年7月 札幌営業所を新築移転。
1991年12月 広島工場を新設。(電動工具等の製造)
1993年4月 広島営業所を新築移転。
1995年3月 スイス・フラン建転換社債発行。(発行総額25百万スイス・フラン)
1996年10月 2百万株の公募増資実施。スイス・フラン建転換社債の転換完了。(資本金4,090百万円)
1999年2月 祥建企業股份有限公司(台湾)に資本参加し関係会社とする。
2001年12月 北斗電気工業株式会社に資本参加し関係会社とする。
2004年6月 南通康賽克工程工具有限公司(中国)を設立し関係会社とする。
2004年7月 株式会社サンライフを設立し関係会社とする。
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2006年4月 株式会社デンサンに資本参加し関係会社とする。
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場。
2012年4月 南通康賽克半導体工具有限公司(中国)を設立し関係会社とする。
2013年1月 山陰建設サービス株式会社の株式取得により関係会社とする。
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。