光通信 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 9887億1400万 円
銘柄コード 9435(市場第一部(内国株))

光通信、INC。は、主に電子機器の小売事業に従事する持株会社です。コーポレートは、オフィスオートメーション(OA)機器、様々な通信サービスの加入代理店、法人顧客へのモバイル通信サービスの提供だけでなく、他のサービスの販売に従事しています。 SHOPセグメントは、携帯電話ユニットと周辺機器の販売に従事しています。保険セグメントは、保険代理店事業の操作に従事されています。 2014年3月31日、当社は137の子会社と83の関連会社を持っていました。

事業内容

光通信グループは、光通信、連結子会社150社ならびに持分法適用関連会社129社により構成されている。光通信は、持株会社としてグループ全般の経営管理を担い、各事業子会社・関連会社において、主に「法人サービス事業」、「個人サービス事業」及び「取次販売事業」を展開している。

法人サービス事業

法人サービス事業は、主に中小企業に対して、通信回線サービス、電力、各種システムなどの自社で企画・開発した商材の販売を行っている。当該事業に属する主な関係会社は、「ネットワークコンサルティング」「シンク」「ハルエネ」「EPARK」が該当する。主な販売先は、中小企業法人となっている。

個人サービス事業

個人サービス事業は、主に個人に対して、通信回線サービス、宅配水などの自社で企画・開発した商材の販売を行っている。当該事業に属する主な関係会社は、「プレミアムウォーターホールディングス」「アクトコール」が該当する。主な販売先は一般消費者となっている。

取次販売事業

取次販売事業は、通信キャリア、保険会社、メーカーなどの各種商品の取次販売を行っている。当該事業に属する主な関係会社は、「エフティグループ」「NFCホールディングス」「メンバーズモバイル」「テレコムサービス」「ジェイ・コミュニケーション」が該当する。主な販売先は、中小企業法人ならびに、一般消費者となっている。

経営方針

光通信グループの経営方針としては、変化し続ける社会情勢や事業環境の中で、その時々の状況に応じた戦略を中 長期的視点から立案し実行し、持続的な企業価値の向上に取り組むこととしている。

経営指標

光通信グループは、ストック利益や連結営業利益を主な経営指標とし、高い資本効率を追求しながら、各指標を継続的に拡大させることを目指している。ストック利益とは、光通信グループが獲得したユーザーによって契約後に毎月支払われる基本契約料金・使用料金・保険料金等から得られる収入から、顧客維持コスト、提供サービスの原価等を除いた利益分である。また、収入については、通信キャリア、保険会社などから受け取る場合と、ユーザーから直接受け取る場合とがある。

中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題

光通信グループは、長期安定収益であるストック利益の増加と、高い資本効率の達成を優先的に対処すべき課題と考えており、各商材の新規契約数の増加、コスト削減をはじめとした生産性の向上などに取り組んでいる。


2020年3月期 有価証券報告書(提出日:2020年6月30日)