KDDI【9433】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

8兆4171億6800万円

KDDI【9433】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

8兆4171億6800万円

沿革

1985年4月 商号を第二電電株式会社に改め、事業目的を変更。
1985年6月 第一種電気通信事業の許可を郵政省(現総務省)から受ける。
1986年10月 専用サービス営業開始。
1987年6月 本店所在地を東京都千代田区に移転。
1987年9月 市外電話サービス営業開始。
1987年10月 九州セルラー電話株式会社(子会社)設立。
1987年11月 中国セルラー電話株式会社(子会社)設立。
1988年4月 東北セルラー電話株式会社(子会社)設立。
1988年5月 北陸セルラー電話株式会社(子会社)設立。
1988年7月 北海道セルラー電話株式会社(子会社)設立。
1989年4月 四国セルラー電話株式会社(子会社)設立。
1991年6月 沖縄セルラー電話株式会社(子会社)設立。
1991年7月 株式会社ツーカーセルラー東京(関連会社)設立。
1992年2月 株式会社ツーカーセルラー東海(関連会社)設立。
1993年4月 日本イリジウム株式会社(子会社)設立。
1993年9月 東京証券取引所市場第二部に上場。
1994年7月 株式会社ディーディーアイポケット企画(子会社)設立。
1994年11月 株式会社ディーディーアイポケット企画をディーディーアイ東京ポケット電話株式会社に商号変更する。
1995年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定替え。
1996年1月 株式会社京セラディーディーアイ未来通信研究所(関連会社)設立。
1997年4月 沖縄セルラー電話株式会社が日本証券業協会の店頭登録銘柄として株式を公開。
1999年3月 DDI COMMUNICATIONS AMERICA CORPORATION(子会社)設立。
1999年4月 ディーディーアイネットワークシステムズ株式会社(子会社)設立。
1999年9月 関連会社である株式会社ツーカーセルラー東京及び株式会社ツーカーセルラー東海の株式を、また、新規に株式会社ツーカーホン関西の株式をそれぞれ過半数取得する。
2000年1月 ディーディーアイ東京ポケット電話株式会社、他ポケット電話会社全9社は、ディーディーアイ東京ポケット電話株式会社を存続会社として合併し、ディーディーアイポケット株式会社に商号変更する。
2000年3月 日本イリジウム株式会社が事業廃止する。
2000年10月 KDD株式会社及び日本移動通信株式会社と合併し、株式会社ディーディーアイに商号変更する。
2000年11月 沖縄セルラー電話株式会社を除く、関西セルラー電話株式会社等セルラー電話会社7社は、関西セルラー電話株式会社を存続会社として合併し、株式会社エーユーに商号変更する。
2000年12月 KDD AMERICA,INC.とDDI COMMUNICATIONS AMERICA CORPORATIONはKDD AMERICA,INC.を存続会社として合併し、KDDI America, Inc.に商号変更する。
2001年1月 株式会社ケイディディコミュニケーションズとディーディーアイネットワークシステムズ株式会社は、株式会社ケイディディコミュニケーションズを存続会社として合併し、株式会社KCOMに商号変更する。
2001年3月 株式会社エーユーを株式交換によりKDDIの完全子会社とする。
2001年4月 商号をKDDI株式会社に改め、本店所在地を現在地に移転する。
2001年6月 KDDI America, Inc.とTELECOMET,INC.は、KDDI America, Inc.を存続会社として合併する。
2001年7月 株式会社KCOMと株式会社ケイディディアイクリエイティブは、株式会社KCOMを存続会社として合併する。
2001年10月 株式会社エーユーと合併する。
2002年2月 ケイディディアイ・ウィンスター株式会社と合併する。
2003年3月 ケイディーディーアイ開発株式会社の株式を売却する。
2004年10月 ディーディーアイポケット株式会社のPHS事業を譲渡する。
2004年11月 株式会社Kソリューション、株式会社KCOM、株式会社オーエスアイ・プラス、 株式会社ケイディーディーアイエムサットは株式会社Kソリューションを存続会社として合併し、株式会社KDDIネット
2004年12月 KDDIテレマーケティング株式会社は、株式会社KDDIエボルバに商号変更する。
2005年1月 株式会社ツーカーホン関西を株式買取によりKDDIの完全子会社とする。
2005年3月 株式会社ツーカーセルラー東海を株式買取によりKDDIの完全子会社とする。
2005年4月 株式会社KDDIテクニカルエンジニアリングサービスを設立する。
2005年10月 株式会社ツーカーセルラー東京、株式会社ツーカーセルラー東海、株式会社ツーカーホン関西と合併する。
2006年1月 株式会社パワードコムと合併する。
2007年1月 東京電力株式会社の社内カンパニーである光ネットワーク・カンパニーに係る事業を会社分割によりKDDIに承継する。
2007年6月 ジャパンケーブルネットホールディングス株式会社及びジャパンケーブルネット株式会社の株式を一部取得し、KDDIの子会社とする。
2007年12月 株式会社KDDIネットワーク&ソリューションズの事業の一部を会社分割によりKDDIに承継する。
2008年4月 中部テレコミュニケーション株式会社の株式を一部取得し、KDDIの子会社とする。
2008年7月 株式会社KDDIネットワーク&ソリューションズと合併する。
2010年2月 Liberty Global, Inc.グループが保有する中間持株会社3社の持分の全てを取得したことにより、Liberty Global, Inc.グループの株式会社ジュピターテレコムに対する出資関係を承継し、株式会社ジュピターテレコムをKDDIの持分法適用関連会社とする。
2010年12月 KKBOX Inc.の株式を一部取得し、KDDIの子会社とする。
2011年2月 KDDIまとめてオフィス株式会社を設立する。
2011年7月 株式会社ウェブマネー(現auペイメント株式会社)の株式を一部取得し、KDDIの子会社とする。
2012年4月 株式会社KDDIテクニカルエンジニアリングサービスは、KDDIエンジニアリング株式会社に商号変更する。
2013年4月 株式会社ジュピターテレコムの株式を一部取得し、KDDIの子会社とする。
2014年2月 KDDIフィナンシャルサービス株式会社(現auフィナンシャルサービス株式会社)を設立する。
2014年4月 株式会社ジュピターテレコムとジャパンケーブルネット株式会社は、株式会社ジュピターテレコムを存続会社として合併する。
2014年6月 KDDI Summit Global Myanmar Co., Ltd.を設立する。
2016年3月 ジュピターショップチャンネル株式会社の株式を一部取得し、KDDIの連結子会社とする。
2017年1月 ビッグローブ株式会社の株式を取得し、KDDIの完全子会社とする。
2018年1月 株式会社イーオンホールディングスの株式を取得し、KDDIの完全子会社とする。
2018年12月 株式会社エナリスの株式を追加取得し、株式会社エナリス及び同社の子会社6社を連結子会社とす
2019年4月 株式会社じぶん銀行(現auじぶん銀行株式会社)、並びにKDDIフィナンシャルサービス株式会社
2019年12月 au損害保険株式会社、ライフネット生命保険株式会社、株式会社Finatextホールディングスの株式