ANAホールディングス【9202】 歴史

市場

プライム(内国株式)

時価総額

1兆1552億8200万円

ANAホールディングス【9202】 歴史

市場

プライム(内国株式)

時価総額

1兆1552億8200万円

沿革

1952年12月 第2次世界大戦により壊滅したわが国の定期航空事業を再興することを目的に、日本ヘリコプター輸送株式会社(資本金1億5千万円)を設立
1953年2月 ヘリコプターを使って営業開始
1953年5月 不定期航空運送事業免許取得
1953年10月 定期航空運送事業免許取得
1953年12月 東京-大阪間の貨物輸送をはじめとして逐次営業路線を拡大
1955年11月 ダグラスDC-3型機導入
1957年12月 社名を全日本空輸株式会社と変更
1958年3月 極東航空株式会社と合併(新資本金6億円)
1960年7月 バイカウント744型機導入
1961年6月 フレンドシップF-27型機及びバイカウント828型機導入
1961年8月 大阪航空ビルディング株式会社(全日空ビルディング株式会社に商号変更、現連結子会社・ANAファシリティーズ株式会社)設立
1961年10月 東京、大阪証券取引所市場第二部に上場
1963年11月 藤田航空株式会社を吸収合併(新資本金46億5千万円)
1965年3月 ボーイング727型機導入
1965年7月 オリンピアYS-11型機導入
1969年5月 ボーイング737型機導入
1970年10月 全日空商事株式会社(現連結子会社)設立
1970年10月 全日空整備株式会社(現連結子会社・ANAベースメンテナンステクニクス株式会社)設立
1971年2月 国際線不定期便運航開始(東京-香港)
1972年8月 東京、大阪両証券取引所(現東京証券取引所)市場第二部から市場第一部に上場
1973年12月 ロッキードL-1011型機導入
1974年3月 日本近距離航空株式会社(エアーニッポン株式会社に商号変更、2012年4月に提出会社と合併)設立
1978年8月 株式会社ハローワールド(現連結子会社・ANAセールス株式会社)の株式を取得
1978年9月 日本貨物航空株式会社を設立(2005年8月 経営より離脱)
1978年12月 ボーイング747型機導入
1983年6月 ボーイング767型機導入
1986年3月 国際定期便を運航開始(東京-グアム)
1989年11月 全日空ビルディング株式会社(現連結子会社・ANAファシリティーズ株式会社)が大阪証券取引所市場第2部に上場(2005年9月に上場廃止)
1990年6月 ワールドエアーネットワーク株式会社(現連結子会社・株式会社エアージャパン)設立
1991年3月 エアバスA320型機導入
1991年10月 ロンドン証券取引所に上場
1995年12月 ボーイング777型機導入
1998年3月 エアバスA321型機導入
1999年4月 全日空商事株式会社(現連結子会社)旅行サービス部門を分離独立させ全日空スカイホリデー株式会社(現連結子会社・ANAセールス株式会社)設立
1999年10月 「スターアライアンス」に正式加盟
2001年4月 株式会社エアーニッポンネットワーク(現連結子会社・ANAウイングス株式会社)設立
2003年4月 全日空スカイホリデー株式会社、全日空ワールド株式会社、全日空トラベル株式会社、株式会社ANAセールスホールディングスの4社を合併し、全日空セールス&ツアーズ株式会社(現連結子会社・ANAセールス株式会社)を設立
2004年8月 エアーネクスト株式会社(現連結子会社・ANAウイングス株式会社)設立
2004年11月 中日本エアラインサービス株式会社(エアーセントラル株式会社に商号変更、現連結子会社・ANAウイングス株式会社)を子会社化
2006年2月 株式会社ANA&JPエクスプレス(現連結子会社・株式会社エアージャパン)設立
2007年6月 ホテル事業関連子会社14社の全株式とその他関連資産をグループ外に一括譲渡
2008年7月 ボーイング767-300BCF(ボーイング・コンバーテッド・フレイター)導入
2009年4月 海外新聞普及株式会社(現連結子会社・株式会社OCS)を連結子会社化
2010年7月 連結子会社の株式会社エアージャパン(存続会社)、株式会社ANA&JPエクスプレスを合併
2010年10月 連結子会社の株式会社エアーニッポンネットワーク(存続会社、ANAウイングス株式会社に商号変更)、エアーネクスト株式会社並びにエアーセントラル株式会社の3社を合併
2011年8月 エアアジア・ジャパン株式会社(現連結子会社・バニラ・エア株式会社)設立
2011年11月 ボーイング787型機導入
2012年4月 提出会社(存続会社)、連結子会社のエアーニッポン株式会社を合併
2013年4月 社名をANAホールディングス株式会社と変更
2014年4月 連結子会社のANAロジスティクサービス株式会社(存続会社、株式会社ANA Cargoに商号変更)、株式会社ANA Cargoを合併
2015年12月 提出会社(存続会社)、連結子会社の株式会社ウィングレットを合併
2016年4月 株式会社エアー沖縄(現連結子会社・ANA沖縄空港株式会社)を連結子会社化
2017年1月 ロンドン証券取引所への上場を廃止
2017年4月 Peach・Aviation株式会社を連結子会社化
2019年5月 エアバスA380型機導入
2019年10月 Peach・Aviation株式会社とバニラ・エア株式会社が事業統合
2020年4月 avatarin株式会社設立