東海汽船【9173】 歴史

市場

市場第二部(内国株)

時価総額

50億6900万円

東海汽船【9173】 歴史

市場

市場第二部(内国株)

時価総額

50億6900万円

沿革

1890年12月 商法の公布に伴ない、株式会社に改組、商号を東京湾汽船株式会社に変更その後、東京より伊豆及び外房航路から更に磐城、三陸、北海道方面に定期航路を開始すると共に伊豆諸島航路にも進出
1907年5月 東京府知事と契約を結び、東京と伊豆諸島を結ぶ命令航路を開始
1936年10月 芝区芝浦8号地(現 港区芝浦)に本社を移転
1942年8月 商号を東海汽船株式会社に変更
1948年3月 中央区月島に本社を移転
1949年5月 東京証券取引所に株式を上場
1949年7月 大島開発株式会社を吸収合併し、大島にて旅客自動車運送事業を開始
1950年7月 東京湾内周遊(納涼船)航路及び館山、勝山の海水浴航路を開始
1953年7月 東京港竹芝桟橋待合所竣工 東京発各航路の発着所となる
1954年6月 東海造機株式会社を設立(東海汽船全額出資)
1954年9月 中央区銀座に本社を移転
1956年2月 会社決算期間を1月~12月の年1回に変更
1963年12月 房総観光株式会社を吸収合併
1964年9月 東汽観光株式会社を設立し、大島温泉ホテルを経営(東海汽船全額出資)
1969年7月 東京~新島、式根島、神津島季節直行便航路を開始
1969年9月 日本郵船株式会社との折半出資により、小笠原諸島航路の経営を目的として小笠原海運株式会社を設立(東海汽船50%出資 1972年より東京~父島間定期航路開始)
1972年4月 港区海岸(竹芝)に本社を移転
1974年7月 熱海~新島、熱海~神津島季節航路を開始
1981年3月 伊豆七島海運株式会社を設立(東海汽船35%出資)
1988年12月 東京ヴァンテアンクルーズ株式会社を設立(東海汽船全額出資)
1989年10月 東京湾クルージングレストラン船「ヴァンテアン」就航(創立100周年記念事業)
1992年12月 貨客船「さるびあ丸」就航 老朽船舶の代替により、安定した輸送体制の確保をめざす
1993年4月 伊東港運株式会社を設立(東海汽船全額出資)
1997年9月 東海マリンサービス株式会社を設立(東海汽船全額出資)
1998年10月 東海自動車サービス株式会社を設立(東海汽船全額出資)
1998年12月 東汽商事株式会社を設立(東海汽船全額出資)
2002年4月 高速船ジェットフォイル3隻(セブンアイランド「愛」「虹」「夢」)就航。東京~大島~神津島航路の所要時間が大幅に短縮
2003年2月 大島旅客自動車株式会社を設立(東海汽船全額出資)
2005年1月 大島マリンサービス株式会社を設立(東海汽船全額出資)
2006年1月 八丈マリンサービス株式会社を設立(東海汽船全額出資)
2006年2月 館山~大島~下田季節航路を開始
2011年3月 東海シップサービス株式会社を設立(東海汽船全額出資)
2013年4月 高速船ジェットフォイル(セブンアイランド「友」)就航 4隻体制として、輸送力の増強を図る
2014年6月 貨客船「橘丸」就航
2015年1月 高速船ジェットフォイル(セブンアイランド「大漁」)就航
2016年1月 稲取~大島季節航路を再開
2020年6月 貨客船3代目「さるびあ丸」就航
2020年6月 東京ヴァンテアンクルーズ株式会社の解散
2020年7月 高速船ジェットフォイル(セブンアイランド「結」)就航
2020年12月 東京ヴァンテアンクルーズ株式会社の清算結了