東日本旅客鉄道の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 2兆7256億4800万 円
銘柄コード 9020(市場第一部(内国株))

1987年4月 ・ 東日本旅客鉄道株式会社を設立、日本国有鉄道(以下「国鉄」という)の事業等を引き継ぎ、旅客鉄道事業、旅客自動車運送事業等を開始(を含む6旅客鉄道株式会社および日本貨物鉄道株式会社が設立され、国鉄は日本国有鉄道清算事業団(現独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)に移行)
1988年4月 ・ バス事業部門を分離するため、ジェイアールバス東北株式会社およびジェイアールバス関東株式会社を設立し、営業譲渡(現連結子会社)
1988年4月 ・ 関連事業の推進体制の強化等を目的に、開発事業本部を設置
1989年4月 ・ ジェイアール東日本高架開発株式会社(現株式会社ジェイアール東日本都市開発)を設立(現連結子会社)
1990年3月 ・ 日本食堂株式会社(現株式会社日本レストランエンタプライズ)の株式取得、子会社化(現連結子会社)
1991年6月 ・ 東北および上越新幹線東京・上野間(営業キロ3.6㎞)の営業を開始
1992年4月 ・ ジェイアール東日本メカトロニクス株式会社(現JR東日本メカトロニクス株式会社)を設立(現連結子会社)
1993年10月 ・ 日本国有鉄道清算事業団(現独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)所有の株式250万株の売却
1996年10月 ・ 東京地域本社(現東京支社)の一部を分離し、横浜支社を設置
1997年3月 ・ 東北新幹線から田沢湖線(盛岡・大曲間)および奥羽線(大曲・秋田間)へ直接乗り入れる秋田新幹線(通称)の運転を開始
1998年4月 ・ 東京地域本社(現東京支社)の一部を分離し、八王子支社を設置
1999年8月 ・ 日本鉄道建設公団(現独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)所有の株式100万株の売却
2000年4月 ・ 社員教育の充実・強化を目的に、JR東日本総合研修センターを設置
2001年4月 ・ 東京支社の一部を分離し、大宮支社を設置
2002年2月 ・ 東京モノレール株式会社の株式取得、子会社化(現連結子会社)
2003年11月 ・ 中央保健管理所の移転に伴い、名称をJR東日本健康推進センターに変更
2005年4月 ・ 株式会社ホテルメトロポリタンが、株式会社ホテルエドモントおよび(旧)日本ホテル株式会社と合併し、日本ホテル株式会社に商号変更(現連結子会社)
2006年7月 ・ 株式会社ジェイアール東日本ビルディングを設立(現連結子会社)
2007年1月 ・ 東京電気工事事務所の名称を東京電気システム開発工事事務所に変更
2009年4月 ・ 発電・給電業務の再編を目的に、エネルギー管理センターを設置
2010年2月 ・ クレジットカード事業を、吸収分割により株式会社ビューカードに承継(現連結子会社)
2010年12月 ・ 東北新幹線八戸・新青森間(営業キロ81.8㎞)の営業を開始
2012年4月 ・ 東急車輛製造株式会社の鉄道車両等の製造および販売に係る経営権を取得し、株式会社総合車両製作所として子会社化(現連結子会社)
2013年3月 ・ シンガポール事務所を設置
2014年4月 ・ 新津車両製作所の鉄道車両製造事業を、吸収分割により株式会社総合車両製作所に承継
2014年4月 ・ ロンドン事務所を設置
2015年3月 ・ 北陸新幹線長野・上越妙高間(営業キロ59.5㎞)の営業を開始