北日本銀行の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 151億3400万 円
銘柄コード 8551(市場第一部(内国株))

株式会社北日本銀行は、岩手県に拠点を置く日本ベースの地方銀行です。当行は、2つの事業セグメントで動作します。銀行事業部門は、とりわけ貯蓄口座、ローン、証券取引、投資、国内および外国為替取引、債券信託および登録サービス、などの金融サービスを提供しています。その子会社の1つを介して、このセグメントはまた、銀行業務に関連した代替作業サービスだけでなく、人材・派遣サービスを提供しています。その他事業は、クレジットカード、信用保証、リース契約の計算業務だけでなく、コンピュータソフトウェアの開発・販売に従事しています。 2013年3月31日、当社は、子会社3社を持っていました。


1951年10月 株式会社興産相互銀行に商号変更
1966年7月 株式会社北日本相互銀行に商号変更
1976年3月 オンラインに移行開始
1978年2月 社債登録機関の認可取得
1982年12月 東京証券取引所市場第二部に上場
1983年4月 公共債の窓口販売業務取扱開始
1984年9月 東京証券取引所市場第一部に上場
1985年10月 外国為替業務取扱開始
1986年6月 公共債のディーリング業務開始
1986年12月 きたぎんビジネスサービス株式会社設立(現・連結子会社)
1987年6月 公共債のフルディーリング業務開始
1988年2月 きたぎんユーシー株式会社設立(現・連結子会社)
1989年2月 普通銀行に転換し、株式会社北日本銀行に商号変更
1989年6月 金融先物取引業の許可取得
1990年2月 きたぎんリース株式会社設立(現・連結子会社)
1990年6月 担保附社債信託業務の営業免許を取得
1991年2月 きたぎんコンピュータサービス株式会社設立
1993年11月 信託代理店業務開始
1998年8月 きたぎん集金代行株式会社設立
1998年12月 証券投資信託の窓口販売業務を開始
2001年4月 損害保険窓口販売業務を開始
2002年2月 きたぎん集金代行株式会社の清算結了
2002年10月 生命保険窓口販売業務を開始
2005年2月 証券仲介業務の開始
2008年1月 基幹系システムを㈱日立製作所の地域金融機関向け共同利用サービス「NEXTBASE」へ移行
2009年10月 きたぎんリース株式会社ときたぎんコンピュータサービス株式会社がきたぎんリース株式会社を存続会社として合併。商号をきたぎんリース・システム株式会社(現・連結子会社)へ変更