マックスバリュ東海の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 916億9500万 円
銘柄コード 8198(市場第二部(内国株))

マックスバリュ東海(株)は、日本ベースの小売業者です。当社は主に静岡、神奈川、山梨と愛知県の地域のスーパーマーケットチェーンの操作に従事されています。これは、とりわけ、新鮮な果物や野菜、ミート、魚などを含む食品を提供しています。また、当社はブランド名イオングループ、店舗の管理、ショッピングセンター内の店舗の支店、信用の委託とのプライベートブランドの一つであるトップバリュー、下の部分積の提供に従事しています電子マネー事業者だけでなく、物流事業。


1962年6月 株式会社和田商事を設立
1982年12月 名古屋証券取引所市場第二部に上場
1984年11月 名古屋証券取引所市場第二部から市場第一部に指定替 (その後1997年12月上場廃止)
1986年3月 東京証券取引所市場第一部に上場 (その後1997年12月上場廃止)
1988年11月 株式会社杉山商事を吸収合併
1997年5月 直営店舗15店舗及び子会社の1店舗を株式会社セイフー(2015年3月1日現在 株式会社ダイエー)に営業譲渡
1997年9月 会社更生手続開始申立(18日)
1997年12月 会社更生手続開始決定(18日) 全ての海外事業より撤退
1999年12月 更生計画案提出
2000年3月 更生計画認可決定 更生計画に基づき株式会社アイ・エム・エムジャパンを吸収合併
2000年7月 更生計画に基づき旧株が100%減資され、同新株増資により資本金5億円のジャスコ株式会社(現イオン株式会社)100%子会社となる
2002年2月 会社更生手続終結決定
2002年3月 マックスバリュ東海株式会社に商号変更を行い、静岡県駿東郡長泉町に本店を移転
2004年7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2006年8月 100%子会社ジョイフル東海株式会社設立、同年10月株式会社東海マート他より事業を譲り受け、スーパーマーケット5店舗の営業を開始(2007年9月マックスバリュ東海へ事業譲渡、2008年3月清算結了)
2008年11月 株式会社シーズンセレクトの全株式を取得のうえ、事業を譲り受け、スーパーマーケット11店舗を直営化する(2009年11月マックスバリュ東海へ事業譲渡、2010年4月清算結了)
2009年9月 イオンリテール株式会社の「マックスバリュ」6店舗の事業を譲り受け、営業を開始
2013年1月 イオンマックスバリュ(広州)商業有限公司が、広東省広州市に第1号店マックスバリュ太陽新天地店を開店
2013年3月 イオンキミサワ株式会社を吸収合併、23店舗が増加
2014年11月 新小型SM業態第1号 マックスバリュエクスプレス清水追分店開店
2019年7月 ザ・ビッグ業態35店舗をイオンビッグ株式会社に吸収分割
2019年9月 マックスバリュ中部株式会社を吸収合併、102店舗が増加し、新たな店舗展開地域として三重県、岐阜県、滋賀県が加わる
2019年11月 静岡県浜松市に本店を移転