凸版印刷の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 6130億3500万 円
銘柄コード 7911(市場第一部(内国株))

凸版印刷株式会社は東京都台東区に本店をおく企業。1880年代に大蔵省印刷局で技術指導にあたっていた御雇外国人のエドアルド・キヨッソーネのもとで印刷技術を学んだ木村延吉と降矢銀次郎らにより当時最先端の「エルヘート凸版法」を主力技術とし、1900年に凸版印刷合資会社として創立。現在はポスターやカタログなどの一般印刷の領域を超え、情報・ネットワークやエレクトロニクスなど広い分野で印刷技術を発揮。


1908年6月 資本金40万円の株式会社に改組。
1908年10月 内外印刷株式会社を合併、本所分工場(現 本所GCビル)として稼働。
1918年2月 オフセット印刷合名会社を合併。
1926年4月 東京紙器株式会社を合併、小石川紙器工場として稼働。
1927年1月 大阪分工場を新設(1944年 大淀工場と改称)。
1938年5月 板橋工場を新設。
1944年7月 精版印刷株式会社を合併、大阪支社を開設し、大阪支社工場として稼働。
1945年7月 九州工場を新設。
1949年5月 東京証券取引所に株式を上場。
1961年1月 「凸版印刷サービスセンター(現 トッパンアイデアセンター)」を新設。
1961年12月 事業部制を導入、本社、板橋、下谷、小石川、関西、西日本の7事業部が発足。
1962年8月 朝霞工場を新設。
1963年5月 Toppan Printing Co., (H.K.) Ltd.を設立。
1965年5月 ムーア社(カナダ)との合弁で、トッパン・ムーア・ビジネスフォーム株式会社を設立(1971年 トッパン・ムーア株式会社と改称)。
1967年9月 相模原工場を新設。
1968年5月 下谷工場跡地に(旧)本社ビル「トッパンビルディング」(東京都台東区)竣工。
1968年12月 九州精版印刷株式会社を合併、福岡工場として稼働。
1970年10月 滋賀工場を新設。
1971年6月 佐賀工場を新設。
1971年12月 愛知特殊印刷株式会社、興文舎印刷株式会社を合併し、名古屋工場、札幌工場として稼働。
1973年12月 朝霞精密工場を新設。
1974年9月 千歳工場を新設。
1975年7月 福崎工場を新設。
1976年6月 凸版建材開発株式会社を合併、柏工場として稼働。
1979年6月 熊本工場を新設。
1979年12月 静岡県三ヶ日町に工場を新設。
1984年11月 新潟県新発田市に工場を新設(現 新潟工場)。
1986年3月 新本社ビル(東京都千代田区)竣工。
1986年7月 総合研究所(埼玉県杉戸町)を新設。
1988年4月 滝野工場を新設。
1988年10月 川口工場を新設。
1990年12月 幸手工場を新設。
1991年10月 広島県神辺町に工場を新設。
1994年10月 松阪工場を新設。
1995年7月 福岡第二工場を新設。
1996年5月 東北事業部泉事業所(宮城県仙台市)竣工。
1997年3月 トッパン・ムーア株式会社(現 トッパン・フォームズ株式会社)を完全子会社化。
1997年7月 嵐山工場を新設。
1997年9月 坂戸工場を新設。
1998年3月 トッパン・フォームズ株式会社、東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
2000年4月 情報系ビジネス拠点「トッパン小石川ビル」(東京都文京区)竣工。
2000年6月 「TOPPAN VISION 21」を発表。
2000年10月 東京都文京区に「トッパンホール」及び「印刷博物館」をオープン。
2001年7月 福岡新第一工場を新設。
2004年1月 三重第一工場を新設。
2005年4月 米国デュポンフォトマスク社(現 Toppan Photomasks,Inc.)を買収。
2007年1月 三重第二工場を新設。
2007年10月 図書印刷株式会社の第三者割当増資を引受け、同社を連結子会社化。
2008年7月 SNP Corporation Limited(現 Toppan Leefung Pte.Ltd.)を買収。
2009年4月 製造部門を分社化し、株式会社トッパンコミュニケーションプロダクツ、株式会社トッパンパッケージプロダクツ、株式会社トッパンエレクトロニクスプロダクツを設立。
2010年4月 中小型TFT液晶ディスプレイ製造の株式会社オルタステクノロジーを連結子会社化。
2013年4月 東南アジア地域におけるセンターとして、シンガポール支社を設立。
2013年10月 高セキュリティ対応のグループ・データセンターを新設。
2014年4月 国内外の軟包材生産のマザー工場となる群馬センター工場を新設。
2016年4月 透明バリアフィルムの生産拠点としてToppan USA, Inc.ジョージア工場を新設。
2016年6月 執行役員制度を導入。
2016年11月 事業領域を見直し、成長事業領域を策定。
2017年3月 中小型液晶パネル製造を手掛けるGiantplus Technology Co., Ltd.を連結子会社化。
2019年8月 図書印刷株式会社を完全子会社化。
2019年10月 建装材印刷事業を展開するINTERPRINT GmbHを買収。