セキ 沿革

銘柄コード

7857 (JASDAQ(スタンダード・内国株))

時価総額

75億6900万円

セキ 沿革

銘柄コード

7857 (JASDAQ(スタンダード・内国株))

時価総額

75億6900万円

1949年3月 株式会社関印刷所(資本金350万円)を松山市萱町に設立。和洋紙類の販売、印刷物の製造、販売を開始。
1952年5月 株式会社関洋紙店印刷所に商号変更。
1964年6月 松山市の住居表示変更により現住所地に登記変更。
1966年10月 高知出張所(現・高知営業所)を開設。
1967年10月 本社及び工場を新築。
1967年11月 高松出張所(現・高松支店)を開設。
1971年4月 東京出張所(現・東京本社)を開設。
1972年5月 関興産株式会社(現・連結子会社)を設立。
1973年7月 竹原工場を新設。
1975年4月 セキの企画・デザイン部門を独立させ、株式会社エス・ピー・シー(現・連結子会社)を設立。月刊誌「タウン情報まつやま」を創刊、出版・広告代理事業に進出。
1978年4月 コープ印刷株式会社(現・連結子会社)を設立。
1986年4月 セキ株式会社に商号変更。
1989年8月 名古屋出張所(現・名古屋営業所)を開設。
1990年5月 伊予工場を新設。これに伴い、竹原工場を廃止。
1996年4月 カタログ通信販売事業を目的として、有限会社こづつみ倶楽部(現・連結子会社)を設立。
1997年1月 セキ美術館を開館。関興産株式会社に美術館運営を委託。
1999年12月 品質保証の国際規格「ISO9002」認証取得(伊予工場)。
2000年3月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
2001年1月 「ISO9002」全社拡大認証取得(本社・支店・営業所・本社工場)。
2001年5月 新本社ビル竣工。
2002年2月 「JISQ15001(プライバシーマーク)」認定。
2002年2月 地球環境保護の国際規格「ISO14001」認証取得(伊予工場)。
2002年12月 「ISO9001 2000年版」へ登録規格切り替え。
2004年9月 大阪出張所(現・大阪支店)を開設。
2004年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2005年1月 東京支店(現・東京本社)を港区赤坂から渋谷区代々木に拡張移転。
2005年5月 「FSC認証紙」を取り扱うための加工流通過程の管理認証であるCOC認証を取得。
2007年9月 伊予工場の増築棟が竣工。
2008年4月 株式会社読売新聞大阪本社と合弁でメディアプレス瀬戸内株式会社(現・連結子会社)を設立。
2008年5月 大阪支店新設並びに拡張移転。
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、株式会社大阪証券取引所(ジャスダック市場)に株式を上場。
2010年4月 松山・東京2本社制となる。
2010年4月 「PEFC認証紙」を取り扱うための加工流通過程の管理認証であるCOC認証を取得。
2010年10月 市場統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)へ上場。
2013年7月 大阪証券取引所と東京証券取引所の合併に伴い、株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
2014年5月 名古屋営業所を拡張移転。
2015年1月 一般社団法人日本印刷産業機械工業会(JPMA)が認定する「Japan Color認証制度」による認証を取得。
2015年5月 有限会社渡部紙工(現・連結子会社)の株式を取得し、連結子会社化。
2015年10月 株式会社ユニマツク・アド(現・連結子会社)の株式を取得し、連結子会社化。
2016年3月 Japan Color認証制度「マッチング認証」、「プルーフ運用認証」を取得。
2017年1月 日本政策投資銀行によるDBJ環境格付を取得。
2017年10月 愛媛県伊予市にSEKI BLUE FACTORYを新設。水性フレキソ印刷加工事業に進出。
2018年1月 労働者派遣事業許可(派38-300159)。
2018年10月 福岡営業所を開設。
2018年11月 広島営業所を開設。
2018年12月 「地域未来牽引企業」選定。
2019年1月 DBJ環境格付を更新。
2019年3月 伊予工場がグリーンプリンティング工場に認定。
2019年9月 メディアプレス瀬戸内株式会社(現・連結子会社)が、メディア発送株式会社(現・連結子会社)の株式を追加取得し、連結子会社化。