キヤノン電子の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 687億9700万 円
銘柄コード 7739(市場第一部(内国株))

キヤノン電子は埼玉県秩父市に本社を置く企業。1954年に「株式会社秩父英工舎」として設立。1964年、キヤノン電子に社名変更。1998年に東京証券取引所市場第1部に上場。主な事業内容は、コンポーネント、電子情報機器等の国内外における製造及び販売。また、キヤノングループとして親会社である「キヤノン株式会社」及びその生産子会社から部品を仕入れ製造し、製品を納入。


1964年1月 商号をキヤノン電子株式会社に変更。
1964年4月 本社工場を埼玉県秩父市大字下影森に新設。
1968年12月 ミノン電子株式会社設立。
1970年7月 オータキ電子株式会社設立。
1970年11月 ヨリイ電子株式会社設立。
1972年9月 オガノ電子株式会社設立。
1978年12月 アムステルダム連絡事務所開設。
1980年1月 株式額面変更のため、キヤノン電子株式会社に吸収合併される。
1981年8月 東京証券取引所市場第2部に上場。
1982年2月 埼玉県秩父市大字下影森に本社棟・開発生産技術センター新築。
1984年3月 美里工場開設。
1984年7月 株式会社シーイーパートナーズ設立。
1988年12月 Canon Electronics(Malaysia)Sdn.Bhd.設立。
1998年6月 東京証券取引所市場第1部に指定。
1999年1月 アムステルダム連絡事務所閉鎖。
1999年2月 赤城工場開設。
1999年10月 ヨリイ電子株式会社清算。
1999年12月 オータキ電子株式会社清算。
2000年7月 株式会社シーイーパートナーズを、キヤノン電子ビジネスシステムズ株式会社に商号変更。
2001年7月 山田工場・横瀬工場を閉鎖し、影森工場を秩父工場へ名称変更。
2002年5月 オガノ電子株式会社清算。
2002年8月 ミノン電子株式会社清算。
2006年12月 イーシステム株式会社(現キヤノンエスキースシステム株式会社)の第三者割当増資を引き受け、連結子会社(キヤノン電子持分62.0%)とする。
2008年11月 アジアパシフィックシステム総研株式会社(現キヤノン電子テクノロジー株式会社)の株式を公開買付けにより取得し、連結子会社(キヤノン電子持分87.9%)とする。
2008年11月 Canon Electronics Vietnam Co., Ltd.設立。
2009年12月 東京本社開設。
2010年2月 アジアパシフィックシステム総研株式会社(現キヤノン電子テクノロジー株式会社)を完全子会社とする。
2010年5月 イーシステム株式会社(現キヤノンエスキースシステム株式会社)を完全子会社とする。
2017年7月 新世代小型ロケット開発企画株式会社設立。
2018年7月 新世代小型ロケット開発企画株式会社を、スペースワン株式会社に商号変更。