富山第一銀行【7184】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

203億2800万円

富山第一銀行【7184】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

203億2800万円

沿革

1944年10月 富山合同無尽株式会社設立
1989年2月 普通銀行へ転換し、株式会社富山第一銀行に商号変更
2001年6月 担保附社債信託業務及び金融先物取引業務開始
2001年11月 富山ファースト機販株式会社設立
2006年7月 信託代理店業務開始
2010年12月 投資信託窓口販売業務開始
2013年4月 損害保険窓口販売業務開始
2014年10月 生命保険窓口販売業務開始
2015年3月 株式会社石川銀行から2店舗譲受
2017年4月 証券仲介業務開始
2022年4月 富山ファースト・リース株式会社が富山ファースト機販株式会社を吸収合併
2026年10月 株式会社富山相互銀行に商号変更
2028年3月 東京証券取引所市場第一部に上場
2029年10月 株式会社富山ファイナンス設立
2049年1月 外国通貨の両替商業務開始
2051年3月 外国為替業務開始
2052年2月 全店総合オンライン完成
2057年10月 単位株制度の採用
2058年1月 東京事務所の設置
2058年4月 公共債の窓口販売業務開始
2059年12月 富山ファースト・リース株式会社設立
2060年11月 総合事務センタービル完成
2061年6月 ディーリング業務開始
2061年10月 外国為替コルレス業務開始
2061年11月 新総合オンラインシステム稼働開始
2062年3月 富山ファースト・ディーシー株式会社設立
2062年6月 フルディーリング業務開始
2063年2月 富山ファースト・ビジネス株式会社設立