じもとホールディングスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 141億7300万 円
銘柄コード 7161(市場第一部(内国株))

Jimotoホールディングスは、日本ベース持株会社です。当社は、2つの事業セグメントで動作します。銀行事業部門は、債券の契約や登録、ならびに金銭貸付業務、預金、融資、国内および外国為替、公債、投資信託、保険商品、証券取引、投資の店頭販売に従事しています、とりわけ。その他事業は、クレジットカード事業、信用保証事業、ベンチャーキャピタル事業、開発、保守、およびソフトウェアの動作だけでなく、とりわけ電子計算処理事業に関与しています。 2013年3月31日、当社は7連結子会社と2連結会社を持っていました。


2010年10月 株式会社きらやか銀行と株式会社仙台銀行(以下、総称して、「両行」という。)は、2011年10月を目途に経営統合を行うことについて、「経営統合の検討開始に関する基本合意書」を締結
2011年4月 両行は、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の影響により、経営統合の時期を暫時延期することを合意
2012年4月 両行は、「経営統合合意書」を締結するとともに、共同で「株式移転計画書」を作成
2012年6月 両行の定時株主総会及び各種種類株主総会において、両行が共同株式移転の方法によりじもとホールディングスを設立し、両行がその完全子会社となることについて承認決議
2012年9月 両行が共同して、金融庁より銀行持株会社の設立等に関わる認可を取得
2012年10月 両行が共同株式移転によりじもとホールディングスを設立
2012年12月 A種優先株式200億円を取得・消却するとともに、金融機能強化法(震災特例)に基づくC種優先株式200億円及びD種優先株式100億円を発行
2019年6月 監査等委員会設置会社へ移行
2020年1月 株式会社仙台銀行100%出資子会社「株式会社仙台銀キャピタル&コンサルティング」設立