川崎重工業 沿革

銘柄コード

7012 (市場第一部(内国株))

時価総額

3894億1100万円

川崎重工業 沿革

銘柄コード

7012 (市場第一部(内国株))

時価総額

3894億1100万円

1881年3月 川崎正蔵、兵庫東出町に川崎兵庫造船所を開設
1886年5月 川崎正蔵、官営兵庫造船所(東川崎町)を借り受け、川崎兵庫造船所を併合、川崎造船所と商号変更
1896年10月 株式会社川崎造船所を設立、松方幸次郎が初代社長に就任
1906年9月 兵庫工場を開設
1919年4月 川崎汽船株式会社を設立
1922年12月 岐阜工場を開設
1928年5月 鉄道車両事業を分離し、川崎車輌株式会社を設立
1937年11月 航空機事業を分離し、川崎航空機工業株式会社を設立
1939年12月 社名を川崎重工業株式会社と商号変更
1940年9月 明石工場(川崎航空機工業株式会社)を開設
1950年8月 製鉄事業を分離し、川崎製鐵株式会社を設立
1966年1月 加古川工場を開設
1966年3月 American Kawasaki Motorcycle Corp.(現・連結子会社 Kawasaki Motors Corp.,U.S.A.)を設立
1966年11月 横山工業株式会社を合併
1967年1月 坂出工場を開設
1968年8月 西神戸工場を開設
1969年4月 川崎航空機工業株式会社及び川崎車輌株式会社を合併
1971年4月 播磨工場を開設
1972年4月 汽車製造株式会社を合併
1979年12月 飛島分工場を開設(現・名古屋第二工場)
1981年12月 Kawasaki Motors Manufacturing Corp.,U.S.A.(連結子会社)を設立
1984年6月 空調・汎用ボイラ事業を分離し、川重冷熱工業株式会社(連結子会社)に承継
1989年2月 Kawasaki Rail Car,Inc.(連結子会社)を設立
1990年3月 西神工場を開設
1992年12月 名古屋第一工場を開設
2002年10月 船舶事業を分離し、株式会社川崎造船(連結子会社)を設立精密機械事業を分離し、株式会社カワサキプレシジョンマシナリ(連結子会社)に承継
2005年4月 プラント事業を分離し、カワサキプラントシステムズ株式会社(連結子会社)に承継破砕機事業を分離し、株式会社アーステクニカ(持分法適用関連会社)に承継
2006年10月 環境プラント事業を分離し、カワサキ環境エンジニアリング株式会社(連結子会社)に承継
2007年4月 カワサキ環境エンジニアリング株式会社が、カワサキプラントシステムズ株式会社を合併し、カワサキプラントシステムズ株式会社(連結子会社)に商号変更
2008年4月 株式会社アーステクニカを連結子会社化
2009年4月 建設機械事業を分離し、株式会社KCM(連結子会社)に承継
2010年10月 株式会社川崎造船、株式会社カワサキプレシジョンマシナリ及びカワサキプラントシステムズ株式会社を合併
2015年10月 株式会社KCMの全株式を日立建機株式会社に譲渡