ブラザー工業 沿革

銘柄コード

6448 (市場第一部(内国株))

時価総額

5842億2700万円

ブラザー工業 沿革

銘柄コード

6448 (市場第一部(内国株))

時価総額

5842億2700万円

1908年4月 現在の愛知県名古屋市熱田区に「安井ミシン商会」を創設、ミシンの修理並びに部品の製造開始
1925年11月 商号を「安井ミシン兄弟商会」に変更
1928年1月 昭三式ミシン(麦わら帽子製造用環縫ミシン)の販売開始、商標を「BROTHER」と定める
1932年11月 家庭用ミシンの国産化に成功
1934年1月 現在の愛知県名古屋市瑞穂区に「日本ミシン製造株式会社(後のブラザー工業株式会社)」を設立
1936年12月 工業用本縫ミシンの製造を開始
1941年7月 国内販売会社として「ブラザーミシン販売株式会社(後のブラザー販売株式会社)」を設立
1947年5月 家庭用直線ミシンを、上海向けに200台輸出
1954年4月 ミシンで培った技術を生かし、家庭用編機、電気洗濯機の生産を開始。編機、家電分野に進出
1954年5月 米国に販売会社として「ブラザーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)」を設立
1958年10月 アイルランドに販売会社として「ブラザーインターナショナルヨーロッパ」を設立
1959年3月 ミシン輸出累計100万台を突破
1961年5月 米国販売拠点からの要請を受け、欧文ポータブルタイプライターの生産開始。事務機器分野に進出
1962年7月 社名を「ブラザー工業株式会社」に変更
1962年11月 ミシンの加工のための社内技術を活用し、タッピングマシンの生産を開始。工作機械分野に進出
1963年1月 株式を東京・名古屋・大阪の三証券取引所に上場
1965年8月 コンパクト電動タイプライターを米国向けに輸出開始
1966年6月 ブラザー最初の本格的エレクトロニクス製品となる電子卓上計算機の生産開始
1971年2月 アメリカ・セントロニクス社と共同開発による高速ドットプリンターの出荷開始、プリンティング機器分野に進出
1977年3月 オーストラリアに販売会社として「ブラザーインダストリーズ(オーストラリア)」を設立
1978年11月 台湾に家庭用ミシンの製造会社として「台弟工業股份有限公司」を設立
1979年4月 家庭用コンピューターミシンの生産開始
1980年12月 リニアモーター機構を搭載した電子タイプライターの生産開始
1982年6月 世界最小のフルキーボード付き電子パーソナルプリンターの生産開始
1984年3月 国産初の個人向け日本語ワードプロセッサーの生産開始
1985年2月 英国にタイプライターの製造会社として「ブラザーインダストリーズ(U.K.)」を設立
1985年3月 タッピングマシンにNC装置を組み入れたCNCタッピングセンターの販売開始
1986年9月 米国にタイプライターの製造会社として「ブラザーインダストリーズ(U.S.A.)」を設立
1987年3月 感熱ファクスのOEM供給を開始。情報通信機器分野に進出
1987年8月 自社製コントローラーを搭載したモノクロレーザープリンターの生産開始
1988年11月 熱転写技術を応用したラベルライターの販売開始
1989年3月 マレーシアにタイプライターの部品の製造会社として「ブラザーインダストリーズテクノロジー(マレーシア)」を設立
1991年9月 コンピューター刺しゅう機付きミシンの販売開始
1991年12月 中国に家庭用ミシンの製造会社として「珠海兄弟工業有限公司」を設立
1992年5月 国内に「株式会社エクシング」を設立。通信カラオケ事業に進出
1992年6月 米国で価格、機能ともに競合他社と大きく差別化した感熱ファクスの販売開始
1992年10月 業界初のISDN回線を利用した通信カラオケの販売開始
1993年11月 中国に工業用ミシンの合弁製造会社として「西安兄弟標準工業有限公司」を設立
1994年1月 香港に部品調達を目的として「兄弟亞洲有限公司(2014年3月10日付で兄弟国際(香港)有限公司に社名変更)」を設立
1994年7月 自社製エンジンを搭載したモノクロレーザープリンターの生産開始
1995年3月 ファクス、プリンター、コピー、スキャナーなど、1台で複数の機能を併せ持つ小型レーザー複合機の生産開始
1995年9月 中国・布吉南嶺兄弟亞洲製造廠にてレーザープリンターの委託生産開始
1997年2月 中期戦略「CS B2000 "思い切った挑戦と明日への戦略"」を策定
1997年11月 自社製インクジェットヘッドを搭載したカラーインクジェット複合機の販売開始
1999年1月 「ブラザーグループ グローバル憲章」を制定(2008年4月に改訂)
1999年4月 ブラザー販売株式会社を100%を子会社化
2000年3月 グループ3ヶ年戦略「CS B2002"21世紀の成長に向けて、健全な財務体質を持つ高収益会社に変革"」を策定 (社内カンパニー制、執行役員制、社外取締役を導入)
2001年9月 中国に工業用ミシンの製造会社として「兄弟ミシン(西安)有限公司」を設立
2001年12月 「ブラザーグループ環境方針」を策定
2002年4月 「ブラザーグループ グリーン調達基準書」を発行
2002年6月 長期ビジョン「グローバルビジョン21」を策定
2003年3月 中期戦略「CS B2005"高収益の継続と将来への技術投資の両立"」策定
2005年3月 中国に卸売会社「兄弟(中国)商業有限公司」を設立
2005年7月 プリンターで培ったインクジェット技術を応用したガーメントプリンターの販売開始
2006年1月 ベトナムにモノクロレーザープリンターの製造拠点として「ブラザーインダストリーズ(ベトナム)」を設立
2006年3月 中期戦略「CS B2008"成長のドライブ"」策定
2006年4月 中国のレーザープリンターの生産委託会社を自社運営に転換し「兄弟高科技(深圳)有限公司」を設立
2006年7月 スロバキアにトナーリサイクル対応製造会社として「ブラザーインダストリーズ(スロバキア)」を設立
2006年10月 ブラザー工業株式会社の株式の所属業種を「機械」から「電気機器」に変更
2007年4月 自社製カラーレーザーエンジンを搭載したカラーレーザープリンター・複合機の販売開始
2007年10月 内部監査部を設立
2008年3月 中期戦略「CS B2012 "グローバルビジョン21の実現"」策定
2008年4月 「調達方針」及び「CSR調達基準」の策定
2008年6月 HOYA株式会社より、モバイルプリンター事業を譲り受け、プリンティング分野を強化
2010年1月 「株式会社エクシング」が「株式会社BMB」の発行済全株式を取得し、連結子会社化。通信カラオケ
2010年5月 中国に工業用ミシン、工作機械の販売会社「兄弟機械商業(上海)有限公司」を設立
2010年6月 中国に開発会社「濱江兄弟軟件(杭州)有限公司(業務拡張により、2011年9月に濱江兄弟信息技術(杭州)有限公司に社名変更)」を設立。中国におけるソフトウェア開発を強化
2010年6月 「兄弟ミシン(西安)有限公司」が「西安兄弟工業有限公司(西安兄弟標準工業有限公司を2009年10月に完全子会社化し社名変更)」と合併し「兄弟機械(西安)有限公司」と社名変更
2010年7月 「株式会社エクシング」と「株式会社BMB」が合併
2011年2月 大阪証券取引所(市場第1部)の上場を廃止
2011年3月 中期戦略「CS B2015 "Back to Growth~成長への再挑戦~"」策定
2011年4月 ベトナムに家庭用ミシンの製造会社として「ブラザーインダストリーズ(サイゴン)」を設立
2011年10月 小型、軽量のモバイルスキャナーの販売開始
2012年1月 「ブラザーグループ社会的責任に関する基本原則」を制定
2012年3月 フィリピンにインクジェット製品の製造会社として「ブラザーインダストリーズ(フィリピン)」を設立
2012年8月 社会的責任投資ファンドのインデックス「SNAMサステナビリティ・インデックス」に初選定
2013年1月 株式公開買付けにより、「株式会社ニッセイ」を連結子会社化。工業用部品事業を強化
2013年4月 ベトナムに工業用ミシンの製造会社として「ブラザーマシナリー(ベトナム)」を設立
2015年4月 「株式会社エクシング」が「株式会社テイチクエンタテインメント」を連結子会社化。音楽エンタテインメント分野の強化
2015年6月 英国の「ドミノプリンティングサイエンス」の発行済み全株式を取得、連結子会社化し、産業用印刷分野に進出
2015年6月 取締役会の諮問機関として指名委員会及び報酬委員会を設置
2015年11月 「コーポレートガバナンスの基本方針」の制定
2016年1月 中国に製造会社として「ドミノプリンティングテクノロジー(常熟)」を設立
2016年3月 中期戦略 「CS B2018 "Transform for the future ~変革への挑戦~"」策定
2016年10月 中国の製造会社「兄弟高科技(深圳)有限公司」に「兄弟工業(深圳)有限公司」を合併
2017年2月 経済産業省と東京証券取引所が共同で選出する「健康経営銘柄」に初選定
2018年4月 「ブラザーグループ 環境ビジョン2050」を策定。そのマイルストーンとして「2030年度 中期
2018年7月 「2030年度 中期目標」が、温室効果ガスの排出削減目標達成を推進するために設立された国際的な イニシアチブ「Science Based Targets (SBT)」より、科学的根拠に基づいた目標として認定
2019年3月 中期戦略「CS B2021~次なる成長へ向けて~」策定
2019年4月 コーンズテクノロジー株式会社から、国内のドミノ事業に関連する事業譲受により、「ブラザーインダストリアルプリンティング株式会社」として営業開始。国内におけるドミノ製品の販売を強化
2020年2月 「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同
2020年2月 国連グローバル・コンパクトに署名