ミライト・ホールディングスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 2156億7600万 円
銘柄コード 1417(市場第一部(内国株))

ミライトホールディングスは東京都江東区に本社をおく企業。
2010年に大明㈱及び㈱コミューチュア並びに㈱東電通の株式移転により3社を子会社とする共同持株会社として設立。
同年、大証一部に上場。
ICTシステム開発、運用、保守や通信インフラ整備などの事業を手掛ける。
ミライトという社名は未来(MIRAI)とITが掛け合わされており、未来に向けてITの力で希望の光を照らすという意味が込められている。


2009年11月 大明㈱、㈱コミューチュア及び㈱東電通(以下「3社」といいます。)は、共同持株会社設立(株式移転)による経営統合に関する基本覚書を締結
2010年5月 3社は、それぞれの定時株主総会での承認等を前提として、株式移転により共同で持株会社を設立することについて合意。株式移転計画を作成し、統合契約書を締結
2010年6月 3社の定時株主総会において、3社が共同で株式移転の方法によりミライト・ホールディングスを設立し、3社がその完全子会社となることについて承認決議
2010年10月 3社が株式移転の方法によりミライト・ホールディングスを設立
2012年1月 ㈱東電通が㈱日設の株式を取得し連結子会社化
2012年10月 大明㈱が㈱東電通と合併し、㈱ミライトに商号変更㈱コミューチュアが、㈱ミライト・テクノロジーズに商号変更
2013年10月 大明ネクスト㈱、東電通テクノス㈱及び㈱レナット東京が合併し、㈱エムズフロンティアに商号変更㈱レナット関西、大明エンジニアリング㈱及び㈱東電通エンジニアリング西日本が合併し、㈱アストエンジに商号変更
2014年7月 ㈱ミライト・テクノロジーズがオーストラリア企業 CCTS Telecommunications Construction Pty.Limited(現商号:MIRAIT Technologies Australia Pty.Limited)の株式を取得し連結子会社化
2015年10月 ㈱IPテクノサービスがオリックス㈱からの出資を受け入れ、㈱ミライト・エックスに商号変更
2016年6月 Mirait Singapore Pte.Ltdがシンガポール企業 Lantrovision(S)Ltdの株式を取得し連結子会社化
2016年12月 2021年満期円貨建取得条項付転換社債型新株予約権付社債を発行(総額165億円)
2017年6月 Lantrovision(S)LtdがMirait Singapore Pte.Ltdを吸収合併
2018年10月 ミライト・ホールディングスは㈱TTKとの株式交換による経営統合を実施し、同社並びに同社の連結子会社8社を連結子会社化
2019年1月 ミライト・ホールディングスは㈱ソルコムとの株式交換による経営統合を実施し、同社並びに同社の連結子会社7社を連結子会社化
2019年12月 2016年12月発行の2021年満期円貨建取得条項付転換社債型新株予約権付社債を全て繰上償還