浅香工業【5962】 歴史

市場

市場第二部(内国株)

時価総額

16億3900万円

浅香工業【5962】 歴史

市場

市場第二部(内国株)

時価総額

16億3900万円

沿革

1893年5月 わが国で初めてショベル・スコップを生産、企業化。
1897年1月 商標として象印を登録。
1931年11月 会社組織に改組、社名を株式会社浅香本店として発足。
1940年9月 大阪府堺市三宝地区(現在、堺市堺区海山町)に本社工場と事務所を新設。
1941年12月 浅香鍛工株式会社を吸収合併し、浅香工業株式会社と改称。
1949年5月 大阪証券取引所(のち、1963年10月市場第二部に指定替)に上場。
1961年4月 堺市海山町(現在、堺市堺区海山町)に工場を新設。
1961年6月 東京都墨田区に東京営業所を新設。(現在、関東支店)
1963年6月 特機課を設置、鋼製型枠等の製造を開始。1972年4月物流課に改称、物流機器類の製造販売を開始、現在の物流システム本部の起源となる。
1970年7月 宮崎県東諸県郡国富町に関連会社、国富産業株式会社を設立。(現在、子会社)
1970年11月 堺市三宝町(現在、堺市堺区三宝町)に子会社、アサカ金商株式会社を設立。
1972年12月 北海道江別市に北海道営業所を新設。(現在、北海道支店)
1975年11月 愛知県春日井市に名古屋営業所を新設。(現在、名古屋支店)
1975年11月 福岡市博多区に福岡営業所を新設。(現在、福岡支店)
1978年2月 子会社、アサカ金商株式会社の販売部門を譲受。
1982年4月 エレクトロニクスを組み込んだ重量用回転ラックを開発し、9月、物流課を物流システム部(現在、物流システム本部)に昇格、メカトロ製品の生産販売体制を整備。
1985年10月 堺市海山町(現在、堺市堺区海山町)に本社事務所を新設。
1986年7月 堺市海山町(現在、堺市堺区海山町)にショベル工場1棟を新設。
1987年10月 子会社、アサカ金商株式会社の営業の全部を譲受、同社は解散。
1992年1月 堺市海山町(現在、堺市堺区海山町)に物流機器の多目的施設1棟を新設。
1994年4月 仙台市宮城野区に仙台営業所を新設。
1998年2月 茨城県稲敷郡(現在、稲敷市)に茨城物流センターを新設。
2005年2月 株式会社伍藤の株式を全数取得し完全子会社とする。(のち、神奈川営業所)
2005年4月 国富産業株式会社と株式交換を行い、同社を完全子会社とする。
2005年9月 株式会社伍藤を吸収合併し、神奈川営業所として開設する。
2008年6月 仙台営業所を閉鎖し、東京支店に統合する。
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場。
2015年5月 神奈川営業所を閉鎖し、東京支店に統合する。
2020年1月 東京支店を移転(さいたま市南区から同市北区へ)し、関東支店に名称変更する。