アルインコ【5933】 歴史

市場

プライム市場

時価総額

198億1900万円

アルインコ【5933】 歴史

市場

プライム市場

時価総額

198億1900万円

沿革

1970年7月 井上鉄工株式会社設立。(本店所在地大阪府高槻市)
1970年8月 東京支店開設。(東京都中央区)
1971年4月 名古屋営業所開設。(名古屋市、現名古屋支店)
1972年1月 大阪支店開設。(大阪市)
1972年1月 広島営業所開設。(広島市、現広島支店)
1972年10月 アルミ製梯子(住宅用)の製造を開始し、同製品の販売部門としてアルメイト株式会社を設立。
1973年1月 福岡営業所開設。(福岡市、現福岡支店)
1977年7月 工業用無線機器の製造を開始し、同製品の販売部門として、アルインコ電子株式会社を設立。
1979年6月 仮設機材のリース、レンタル部門として、アルインコ建材リース株式会社を設立。
1981年9月 札幌営業所開設。(札幌市)
1981年9月 仙台営業所開設。(仙台市)
1983年3月 アルメイト株式会社より営業の譲渡を受ける。
1983年3月 社名を「アルインコ株式会社」に変更。
1983年10月 テレビ、カタログによる通信販売事業開始。
1987年1月 本社事務所を移転。(大阪府高槻市から大阪市中央区へ)
1988年3月 コンビニエンス事業開始「コンパス南寺方店」守口市に開店。
1990年9月 兵庫工場(兵庫県丹波市)(現兵庫第一工場)完成。
1991年1月 小杉電子株式会社(富山県射水市 現アルインコ富山株式会社)を子会社化する。
1991年7月 栃木茂木工場(栃木県芳賀郡茂木町)完成。
1993年3月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
1997年2月 アルインコ電子株式会社及びアルインコ貿易株式会社より営業の譲渡を受ける。
1997年7月 茂木倉庫(栃木県芳賀郡茂木町)完成。
1997年12月 足場工事の施工部門として、全額出資により東京仮設ビルト株式会社(埼玉県川口市)を設立。
1997年12月 兵庫第二工場(兵庫県丹波市)完成。
1998年8月 建設機材事業部高槻工場を兵庫第二工場へ集約。
1998年8月 住設事業部アルミ型材センター(大阪府高槻市)を開設。
2001年7月 本社事務所・大阪支店を移転。(大阪市中央区から北区へ)
2001年11月 建設機材事業部と住宅機器事業部の生産部門を統合。
2002年3月 アルインコ建材リース株式会社を吸収合併。
2002年5月 住宅機器関連事業の物流拠点を高槻事業所に集約。
2003年9月 中華人民共和国(江蘇省蘇州市)に蘇州アルインコ金属製品有限公司を設立。
2006年1月 東京証券取引所市場第二部に上場。
2007年6月 株式会社光モール(大阪府藤井寺市)を子会社化する。
2008年9月 本社事務所・大阪支店を移転。(大阪市北区から中央区へ)
2008年11月 オリエンタル機材株式会社(沖縄県那覇市)を子会社化する。
2010年12月 株式会社ピカコーポレイション(大阪府東大阪市)と資本・業務提携契約締結。
2011年10月 中華人民共和国(江蘇省蘇州市)にアルインコ建設機材レンタル(蘇州)有限公司を設立。
2012年9月 中華人民共和国(遼寧省瀋陽市)に瀋陽アルインコ電子有限公司を設立。
2012年11月 タイ王国(サムットサコン県)にALINCO(THAILAND)CO.,LTD.を設立。
2013年5月 タイ王国(チャチューンサオ県)にALINCO OCT SYSTEM SCAFFOLDING CO.,LTD.(現 ALINCO SCAFFOLDING(THAILAND)CO.,LTD.)を設立。
2014年10月 インドネシア共和国(ジャカルタ)にPT. ALINCO RENTAL INDONESIAを設立。
2014年12月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
2015年6月 東京支店を改称して東京本社を設置し、大阪本社と東京本社の二本社制へ移行。
2015年7月 タイ王国(チャチューンサオ県)にSIAM ALINCO CO.,LTD.を設立。
2015年12月 株式会社シィップ(新潟市江南区)を子会社化する。
2015年12月 兵庫第二工場(兵庫県丹波市)新工場棟兼製品倉庫完成。
2016年8月 エス・ティ・エス株式会社(名古屋市天白区)を子会社化する。
2016年11月 ベトナム社会主義共和国(ホーチミン市)にALINCO ELECTRONICS VIETNAM CO.,LTD.を設立。
2017年3月 双福鋼器株式会社(三重県伊賀市)を子会社化する。
2018年5月 中華人民共和国(江蘇省蘇州市)に阿禄因康健康科技(蘇州)有限公司を設立。
2018年7月 昭和ブリッジ販売株式会社(静岡県掛川市)を子会社化する。