日本伸銅の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 44億7500万 円
銘柄コード 5753(市場第二部(内国株))

日本伸銅株式会社は大阪府堺市に本社をおく企業。昭和13年に創業者吉田久博の構想に基づき伸銅品の生産販売を目的として大阪黄銅㈱を設立。昭和18年大阪軽合金工業㈱と社名変更しジュラルミンの生産を開始。昭和36年東京証券取引所に上場。昭和51年耐摩耗性特殊高力銅合金棒HBシリーズ、昭和56年快削性耐脱亜鉛腐食銅合金棒HCシリーズを発売。平成元年コネクター用メッキ線の生産を開始。平成8年にはリフローメッキ線の量産を開始。


1938年4月 創業者吉田久博の構想に基づき、伸銅品の生産販売を目的として資本金10万円をもって大阪黄銅株式会社を設立。
1943年9月 大阪軽合金工業株式会社と社名変更し、ジュラルミンの生産を開始。
1945年10月 社名を新日本産業株式会社と変更。
1947年1月 大阪黄銅株式会社を設立。
1949年1月 社名を日本伸銅株式会社と変更。
1949年5月 大阪証券取引所に上場。
1949年7月 名古屋証券取引所に上場。
1959年4月 日伸地金株式会社を設立。
1961年10月 東京証券取引所に上場。
1984年1月 日伸精器株式会社を設立。
1986年7月 東京ニッシン株式会社を設立。
1999年3月 日伸精器株式会社を清算。
2003年12月 名古屋証券取引所上場廃止。
2004年2月 東京ニッシン株式会社を売却。
2010年1月 日伸地金株式会社を大阪黄銅株式会社に吸収合併。
2011年5月 本社を大阪府堺市堺区南島町から大阪府堺市堺区匠町に移転。
2015年3月 株式会社CKサンエツの連結子会社となる。
2015年7月 大阪黄銅株式会社を吸収合併。