きんでんの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 3446億3700万 円
銘柄コード 1944(市場第一部(内国株))

株式会社きんでんは、大阪市北区に本店を構える企業。1944年に近畿電気工事株式会社として設立された。社是は「和と明朗」「研究と努力」「誠実と奉仕」。事業内容は電気設備、計装設備、情報通信設備、空調・衛生設備、内装設備、土木設備などの工事。省エネルギーのための総合設備診断プログラムも提供。ハワイ モアナパシフィック、ベトナム ハイバントンネル、香港国際会議場など海外事業も手がける。


1944年8月 近畿電気工事株式会社(提出会社)設立、事業の目的「電気工事」
1948年11月 事業の目的に「電気機械器具類の加工修理」を加える。
1949年8月 事業の目的に「土木工事」を加える。
1949年10月 建設業法により建設大臣登録(イ)第83号を受ける。
1952年3月 広島支社を設置(現中国支社)
1952年5月 事業目的に「管工事」を加える。名古屋支社を設置(現中部支社)
1953年4月 東京支社を設置
1961年10月 大阪証券取引所に株式を上場(市場第二部)
1961年11月 近電商事株式会社を設立(現連結子会社)
1969年2月 大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
1970年2月 近電サービス株式会社を設立(現きんでん関西サービス株式会社(現連結子会社))
1970年3月 東京証券取引所に株式を上場(市場第一部)
1970年11月 九州支社・北海道支社を設置
1971年9月 昭和温調工業株式会社に出資(現きんでん東京サービス株式会社(現連結子会社))
1971年12月 大阪支社を設置
1972年9月 建設業法改正により、建設大臣許可(特-47)第114号を受ける。
1976年2月 東北支社を設置
1976年3月 四国支社を設置
1984年3月 横浜支社を設置
1984年8月 キンデンコウ(タイランド)・カンパニー・リミテッドを設立(現キンデン(タイランド)・カンパニー・リミテッド。タイ。現連結子会社)
1985年6月 事業目的に「電気通信工事」、「建築工事」を加える。
1987年5月 ユー・エス・キンデン・コーポレーションを設立(米国・ハワイ州。現連結子会社)
1989年6月 東京本社を設置
1990年4月 商号を「近畿電気工事株式会社」から「株式会社きんでん」に変更
1991年4月 近電電力サービス株式会社を設立(現きんでんサービス株式会社(現連結子会社))
1991年6月 事業目的に「鋼構造物工事」を加える。
1995年7月 株式会社アレフネットを設立(現株式会社きんでんスピネット(現連結子会社))
1996年6月 事業目的に「造園工事」、「水道施設工事」を加える。
1997年9月 ビナ・キンデン・コーポレーションを設立(現キンデン・ベトナム・カンパニー・リミテッド。ベトナム。現連結子会社)
2000年6月 事業目的に「測量全般にわたる測量業務」を加える。
2004年6月 事業目的に「とび・土工・コンクリート工事」を加える。
2005年2月 ピー・ティー・キンデン・インドネシアを設立(インドネシア。現連結子会社)
2006年6月 事業目的に「労働者派遣法に基づく労働者派遣事業」を加える。
2007年4月 株式会社西原衛生工業所に出資(現連結子会社)
2016年6月 事業目的に「解体工事」を加える。
2017年3月 国際支店を設置
2019年3月 東関東支社・北関東支社を設置
2020年1月 インターナショナル・エレクトロ-メカニカル・サービスに出資(アラブ首長国連邦ドバイ首長国。現連結子会社)
2020年3月 電力支社を設置