マクアケの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 831億3800万 円
銘柄コード 4479(マザーズ(内国株))

マクアケは東京都渋谷区に本社を置く企業。2013年5月にサイバーエージェント・クラウドファンディングとして設立。2017年10月にマクアケに商号変更。2019年12月に東京証券取引所マザーズに株式上場。主な業務は、プロジェクト実行者(事業者)と応援購入するサポーター(消費者)をつなぐ応援購入サービス「Makuake」の運営。


2013年5月 東京都渋谷区道玄坂に株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングを設立
2013年8月 アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」の提供開始
2015年1月 関西支社を設立
2015年6月 プロジェクトの実行者向けにプロジェクト分析ツール「Makuakeアナリティクス」機能の提供開始
2016年1月 企業向け新製品開発サポートサービス「Makuake Enterprise(現 「Makuake Incubation Studio」)」の提供開始
2016年3月 ECサイト「Makuake ストア」の提供開始
2016年12月 株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区)とプロジェクト実行者の紹介等を目的としたビジネスマッチングにかかる提携開始
2017年10月 「株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング」から「株式会社マクアケ」に商号変更
2018年3月 北海道拠点を設立
2018年5月 地方自治体がプロジェクト実行者となりプロジェクトへの寄附を募る「ふるさと納税型サービス:Makuakeガバメント」の提供開始
2018年7月 韓国においてクラウドファンディングプラットフォーム「Wadiz」を運営するWadiz Corp.と、互いのプロジェクト実行者の紹介による海外進出サポートを目的として、業務提携を開始
2018年10月 九州拠点を設立
2018年12月 東京都渋谷区渋谷に本社移転
2019年1月 株式会社NCネットワークと中小製造業の新事業や自社製品開発を行う製造パートナー企業の紹介に関する業務連携を開始
2019年3月 株式会社ライトアップと「Makuake」にてプロジェクトを実施した中小企業の「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」取得サポートに関する業務提携を開始
2019年4月 「Makuake」を利用する日本酒の酒蔵が100社を突破
2019年7月 金融機関との連携100社を突破
2019年7月 台湾に拠点を置き、香港、マレーシア、シンガポールにサービスを展開しているECプラットフォーム「citiesocial」と「Makuake」でプロジェクトを実施した実行者が「citiesocial」を通じて製品を販売できるよう紹介する業務提携を開始
2019年7月 台湾の大手新聞社udnグループ運営のECサイト「uDesign」と日本企業の台湾進出、台湾企業の日本進出を相互にサポートすることを目的として、業務提携を開始
2019年12月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2020年1月 ソウル市の中小企業支援機関・ソウル産業振興院(SBA)と韓国の中小企業の日本進出を「Makuake」でサポートする業務提携を開始
2020年8月 名古屋拠点を設立