ダブルエー 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 148億1500万 円
銘柄コード 7683(マザーズ(内国株))

事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

株式会社ダブルエーは、東京都渋谷区に本社を置く婦人靴の企画・販売事業を行う企業。2002年に肖俊偉氏が「直通企画有限会社」として設立。東京都世田谷区下北沢に「ORiental TRaffic」1号店を出店。2007年に「株式会社ダブルエー」に社名変更。東京都渋谷区恵比寿へ本社を移転。

2008年2月、自社EC店舗(ORiental TRaffic ONLINE STORE)を出店。2013年、台湾へ初出店。9月に国内出店数累計50店舗を達成。11月に香港へ初出店。12月に新ブランド「WA ORiental TRaffic」を展開。2014年9月にテレビCMを放送。

2017年、海外販路拡大のため、「CAPITAL SEA SHOES COMPANY LIMITED」(香港)の株式を取得し子会社化。生産管理・品質管理のため「江蘇京海服装貿易有限公司」(中国)を設立。2018年には国内出店下図累計100店舗を達成。2019年にマカオへ初出店。2019年11月に東京証券取引所マザーズに株式を上場。

事業内容

ダブルエーグループは、株式会社ダブルエー、連結子会社(CAPITAL SEA SHOES COMPANY LIMITED、江蘇京海服装貿易有限公司、CAPITAL SEA SHOES LIMITED)の計4社で構成されており、婦人靴を中心とした商品の企画・販売におり組む。事業については、商品の企画開発業務、検査検品業務および販売業務に分けられる。

商品の企画開発業務

国内外のファッショントレンドの市場調査を行うことに加えて、定期的に商品企画スタッフが販売員として実際に店頭に立ち、よりリアルな意見や要望を聞くことによって、消費者ニーズや販売員のニーズを捉え反映させることに尽力している。その後、商品の企画を具体化した後、パートナー向上への相当数のサンプル商品の製造を依頼し、多方面から検討して商品化を決定する。

商品の検査検品業務

商品化が決定した靴は、パートナー向上および貿易会社に製造を委託することで、オリジナル商品の量産体制を確保している。生産管理体制の評価および商品の品質の維持は、子会社である「江蘇京海服装貿易有限公司」とともに各パートナー向上の定期的な巡回、指導によって確認を行う。また、継続的に品質を検査し商品の耐久性および安全性の確保に努めている。

商品の販売業務

品質が保証された商品は、ダブルエーグループが運営している直営店舗および販売業務を委託している販売代行店舗並びに他社の運営を含むECサイトを通じて一般消費者向けに小売販売を行っている。また、他社とのコラボレーション商品の販売も行っている。

経営方針

企業理念「いつでも想像以上に満足のできる商品・サービスを提供します。」を下に株主をはじめ、顧客、取引先、従業員ひいては社会全体との共栄およびダブルエーグループの成長と企業価値の最大化を目指して事業展開を行っている。

経営指標

持続的な成長と中期的な企業価値の向上を目指し、収益性と資本効率を重視している。指標として、売上高営業利益率を重要な経営指標と位置づけ、経営課題に取り組む。

経営戦略

婦人靴を中心とした自社商品の企画開発および販売を主な事業としており、仕入れコストおよび物流コストの圧縮と、販売チャネルの拡大等の取組みが業績に大きく影響する。よって、創業以来から靴業界における既存サプライチェーンの見直しを図り極力省力化させることで、販売価格に天下させる中間マージンの低減に努めてきた。今後は、一層の効率化を図り、持続可能なビジネスの展開に取り組む。

経営課題

商品企画開発力の向上

企業理念の実現にあたり、世の中に幅広く認められる商品・サービスを適正価格および適正品質で提供する。そのために、店頭における消費者動向や競合会社の把握・分析のほか、市場全体のニーズ・トレンドを迅速に捉え、消費者とのコミュニケーションを密に重ねることで、より顧客満足度の高い商品・サービスの企画開発力の向上に取り組む

グローバルサプライチェーンマネジメントの向上

商品の企画開発・発注仕入プロセスに関して、国内のみならず全社的な商品供給を支えるため、グローバルな視点に基づいたサプライチェーンマネジメントの向上を進める。そのため、現地のパートナー工場等との価格や技術力、品質面などの条件を勘案した新たな取引先の開拓や、為替相場の変動等に備えた適切なリスクヘッジを実現することによって、企業グループ全体として適時適切な商品仕入が行えるように取り組んでいく。

スポーツブランド『ORTR』の成長

2019年にテストマーケティングとして市場投入したスポーツブランドである『ORTR(オーアールティーアール)』ブランドは、当初の販売計画を上回り追加生産を実施するなど大好評となった。引き続き顧客ニーズの高いスポーツサンダルやスニーカーなどを企画開発するとともに、スポーツ系シューズの特徴である年齢・性別・天気・気温・季節を問わない点を利用し、顧客層の拡大を図っていく。

ECチャネルの成長

近年成長の著しいEC市場において靴カテゴリーについても拡大傾向であるが、ファッション業界におけるテクノロジーの進化は著しく、決済手段や付加サービス等に関する見直しや新たな取り組みを続けなければ事業の停滞を余儀なくされる。常に利便性の高いスマートフォン向けサイトの構築やポイント得点をはじめとする顧客サービスの充実に勤めている。今後においても、今まで以上に最適な顧客リレーションの実現に取り組む。

海外事業の成長

今後のさらなる成長のためには、アジア地域での海外事業の拡大は必要不可欠である。WAブランドのコンセプトを世界ちゅうの顧客に浸透させるためにも、引き続きブランドビルディングを推進する。


2020年1月期 有価証券報告書(提出日:2020年4月27日)