リビン・テクノロジーズ 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 33億6700万 円
銘柄コード 4445(マザーズ(内国株))

リビン・テクノロジーズは、不動産プラットフォーム事業として、不動産・住宅業界に特化したインターネットマーケティングサービスを提供している。

不動産会社比較バーティカルメディア「リビンマッチ」を軸に、「売りたい」「管理してほしい」「建てたい」「土地を活用したい」といった不動産に関するエンドユーザーの様々なニーズと、リビン・テクノロジーズのクライアントである不動産会社の集客ニーズをともに満たすサービスを提供。

バーティカルメディアとは、ある専門の領域・分野に特化したメディアということで、「リビンマッチ」の場合は不動産取引における会社比較という専門領域に特化したサービスを、オンラインで提供している。

マッチングサービス

リビン・テクノロジーズのマッチングサービスでは、主にエンドユーザー(買手)と加盟企業(売手)をマッチングするサービスを提供している。

エンドユーザーは、「リビンマッチ」の提供する各サービスについて、無料で複数の加盟企業に一括で問い合わせを行うことが可能。

一方で、加盟企業は、エンドユーザーからの問い合わせの獲得により、エンドユーザーを見込み客として営業活動を行うことができる。

「リビンマッチ」へのエンドユーザーの訪問数は、年間1600万を超えており、年間9万件を超える問い合わせが行われている。

マッチングサービスでは、「反響課金型」もしくは「定期課金型」の利用料体系を採用。

反響課金型の利用料体系では、加盟企業はエンドユーザーからの問い合わせ獲得数など、一定の成果に応じて利用料を支払うため、初期費用・月額固定費用ゼロでエンドユーザーからの問い合わせを獲得することができる。

マッチングサービスでは、「不動産売却」「土地活用」「賃貸管理」「不動産買取」「任意売却」「リノベーション」「注文住宅」「人材紹介」など、大きく八種類のサービスを提供している。

この中で、「不動産売却」と「賃貸管理」には、加盟企業向けに定期課金サービスも展開している。

マッチングサービスでは、エンドユーザーと加盟企業との間でコミュニケーションが発生するため、やり取りを円滑化するための取引サポートシステムを提供している。

利用した不動産会社に対するエンドユーザーの評価を不動産会社自身が確認できる「ユーザー評価」システムや、エンドユーザーへ案内するさて遺書を自動で作成できる「査定書作成」、案件の進捗状況を管理できる「進捗管理」、手間をかけずに簡単に自社の採用サイトを作成・一括管理できる「採用CMS」などを提供。

こうしたサービスを通じて、マッチング後の取引の成約率を高め、エンドユーザーと加盟店双方の満足度を高めることが狙いとなっている。取引サポートシステムの利用料は、原則として無料である。

ブランディングサービス

ブランディングサービスでは、リビン・テクノロジーズが提供する「リビンマッチ」の広告枠を加盟企業へと提供し、自社の強みや特長に関するコンテンツを掲載することや、Yahoo!やGoogleなど、外部のインターネット広告媒体の広告枠を代理販売することで、収益化するモデルである。

加盟企業は、2018年9月末時点で2,478事業所に拡大している。