NIO Inc. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 166億395万7357 ドル
銘柄コード NIO(NYSE)

NIOの概要

Nio(蔚来)は中国で電気自動車(EV:Electric Vehicle)を製造・販売している。2014年、自動車情報サイト「Bitauto」創業者で「中国のイーロン・マスク」とも称される李斌(William Li)氏によって創業された。Li氏は北京大学在籍時に学生起業して以来、これまでに設立・投資した企業は40にものぼる。
2014年設立時はNextevの社名で始まり、2017年7月に現在の社名である「NIO」に改称された。

研究開発の過程で「電気自動車のF1」にも参戦

2015年2月から「電気自動車のF1」として知られるFIA フォーミュラE選手権に参加し、契約ドライバーのネルソン・ピケJr.と「FIA Formula E Driver’s Championship」に参戦した。
NIOは中国だけでなくドイツや英国、米国にも研究拠点を設置しており、2016年5月には国営の自動車メーカー「JACモータース(安徽江淮汽車)」と新エネルギー車(New Energy Vehicle)に関する生産委託契約を締結した。XPT Investment及びXingzhiとはバッテリーパックを研究開発する合弁会社「XPT ESS」を設立し、独自のバッテリー技術を製造している。
2016年11月、ロンドンの「Saatchi Gallery」でEVブランド「NIO」とEVスーパーカー「EP9」モデルを発表。翌2017年の「サウス・バイ・サウスウエスト2017」ではビジョン・カー「NIO EVE」をお披露目した。EP9は2017年2月に米国テキサス州オースティンの「Circuit of the Americas Race Track」で自律走行の最速ラップと市販車としての最速ラップ記録を更新した後、ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ「Green Hell」コースで市販車最速ラップの記録を更新した。

2018年6月から初の量産車を出荷開始、2018年9月NYSE上場

NIOは2017年4月に初の量産乗用車となる7人乗りSUV「ES8」を発表し、2017年12月から予約注文の受付をスタート。2018年6月に出荷を開始してコンシューマー向けの本格的な事業展開を開始した。
NIOは中国のインターネット企業「テンセント」からも出資を受け、名門「セコイア・キャピタル」などからは10億ドルの資金を調達している。2018年9月にニューヨーク証券取引所へ株式上場を果たし、10億ドル調達に成功した。

2019年6月に新モデル発売、リコール問題等での倒産危機を経て再び成長フェーズへ

2019年6月には5人乗りSUV「ES6」の出荷を開始し、より安価なモデルでEV市場シェアを拡大していく。しかし、2019年中頃に発火問題が発生してリコール問題に発展。また、政府の補助金削減によって苦戦を強いられ、大幅な人員削減を実施するなど一時は倒産危機も噂された。
2020年に入り、Nioは工場がある合肥市から資金援助を受けることになった。さらに、6月にはテンセントが追加出資して持株比率を15.1%に引き上げた。資金援助を受け、国内市場の回復とともに勢いを取り戻している。

NIOの販売車種

NIOは中国のプレミアム電気自動車セグメントにおいて、当社の車両を設計・共同製造・販売している。2018年6月28日に、NIO初の量産車である7人乗りSUV「ES8」の一般向け納車開始。2018年12月には6人乗りの「ES8」を発売し、2019年3月より納車を開始した。
2018年12月15日に開催したNIO Dayイベントにて、第2弾の量産電気自動車「ES6」を一般公開した。ES6は、5人乗りの高性能ロングレンジプレミアム電気自動車SUV。ES6はES8よりも小型でありながら、より手頃な価格を実現しており、プレミアムSUVセグメントでより幅広い市場をターゲットにすることができる。ES6は現在、スタンダード(35万8,000元)、パフォーマンス(39万8,000元)、プレミアバージョン(49万8,000元)を用意している。
NIOはES8とES6のプラットフォーム技術を活用し、ET7を含む将来のモデルを構築していく予定。ユーザーの好みに合わせてより多くの選択肢を提供し、中国のプレミアム電気自動車市場のさまざまなセグメントをターゲットにしていくため、毎年新しいモデルを発売することを目標とする。また、1~2年ごとに各モデルのフェイスリフトを行い、3年ごとに大型モデルのデザイン変更やアップグレードを行うなど、既存モデルの継続的なアップグレードを計画している。

ES8

NIO初の量産車となるES8は、広々とした6人乗りまたは7人乗りの高性能プレミアム電気自動車SUVとして開発された。ES8は、2017年12月16日のNIO Dayイベントで正式に発表し、その後予約受付を開始した。2018年6月28日には7人乗りの「ES8」の一般納車を開始し、発売以来、納車を拡大している。2018年12月には6人乗りモデルを発売し、2019年3月より納車を開始した。

走行性能

フロントとリアの両方のモーター(各240キロワット)を搭載したES8は、480kWのパワーと840単位またはニュートンメートル(Nm)のトルクを4輪すべてに対して発揮する。ES8のe-推進システムは、ゼロから時速100kmまでの加速をわずか4.4秒で可能にした。ES8には、最新の角型電池で構成された70キロワット/時の水冷式バッテリーパックが搭載されている。エネルギー密度135W/kg(Wh/kg)、約1,200回の充放電サイクル、87%の容量保持率を実現している。ES8は時速60kmで常時走行した場合の航続距離は500km、NEDC(EU基準:New European Driving Cycle)走行距離は355kmを達成した。2019年9月よりNEDC走行距離を430kmに延長した84キロワット時のバッテリーパックを搭載した「ES8」の納車を開始。このバッテリーパックは、エネルギー密度が135ワット時/キログラム(wh/kg)で、約1,200回の充電・放電のライフサイクルで87%の容量保持率を実現している。

安全性能

NIOの「ES8」は21のアクティブセーフティ機能を搭載し、中国自動車技術研究センターが策定した「中国新車アセスメントプログラム」の5つ星の安全基準を満たすように設計されている。同クラスの標準安全装備に加え、ドライバーの眠気検知、車線逸脱警報、車線変更支援、自動緊急ブレーキ、サイドドア開度警報、360度高精細サラウンドビジョンなどの先進安全装備を搭載している。また、電動スタビリティプログラム、電動トラクションコントロール、コーナリングブレーキコントロール、ヒルディセントコントロール、ヒルスタートアシスト、リアビューカメラ、前後パーキングセンサー、サイドディスタンス表示システム、ダイレクトタイヤプレッシャーモニタリングシステム、ブラインドスポット検出、ブレーキによるダイナミックホイルトルク、ロールスタビリティコントロールなどの安全装備を備える。ES8の時速100km/hから完全停止までの制動距離は33.8mとなっている。

ボディ

「ES8」は、中国で初めて航空宇宙グレードの7003シリーズアルミ合金を採用したオールアルミ合金製のボディとシャシーを採用し、44,140Nm/degのねじり剛性を実現するとともに、量産車としては史上最高のアルミ量を実現している。また、アクティブエアサスペンションを採用することで、快適な乗り心地を実現している。ES8は、3,010mmのロングホイールベースを採用し、移動可能な居住空間を実現しています。3列7人乗りのレイアウトは、室内空間を有効に活用している。革新的な「ラウンジシート」や「チャイルドケアモード」は、ナッパレザーのラップと相まって、快適な空間を作り出し、ライディングエクスペリエンスを再定義したとアピールしている。スマートエアクオリティシステムには、活性炭と高効率粒子状空気(HEPA)フィルター、マイナスイオン発生装置が含まれる。

NIO Pilotシステム

ES8には発売当初から「NIO Pilotシステム」が導入されている。レベル2の自律走行機能を包括的に強化したNIO Pilot ADASは、3焦点正面カメラ、4つのサラウンドエクステリアカメラ、5つのミリ波レーダー、12個の超音波センサー、ドライバーモニターカメラを含む23個のセンサーによって有効化されている。ES8には、前モデルの「Mobileye EyeQ ®3」の8倍の演算能力を持つ「Mobileye EyeQ ®4」ADASチップが搭載されている。

ソフトウェア

ES8の4Gサポートとソフトウェア・ハードウェア・スイートにより、加入者はFOTAアップデートによるアップグレードされたサービスを楽しむことができる。各車両には、月8ギガバイトのデータが標準で搭載されている。リモートアップデートは、すべての電気制御ユニット(ECU)を制御する集中型コネクテッド・ビークル・ゲートウェイによって実行される。ES8は、高速並列無線アップデートを提供することで、ダウンタイムを最小限に抑えながら、随時新しい機能を取得することができる。

車載AIアシスタント「NOMIシステム」

NIOはES8の発売と同時に、中国企業が開発した車載AIアシスタントの中でも最も先進的と思われるオプション機能である「NOMIシステム」の提供を開始した。ユーザーが運転中に画面を見続ける必要性をさらに排除することで、インカーAIシステムとより自然なインタラクションを提供し、安全性を向上させることを目指している。NOMIは、ES8のインテリジェンスとカーコネクティビティ機能を組み合わせて、ES8を、ドライバーや同乗者の話を聞いたり、話しかけたり、道中の手助けをしたりできる直感的なコンパニオンとして機能させる。NOMIを通じて、ユーザーはショートカットやボイスコントロールを使って電話をかけたり、音楽を再生したり、ナビゲーション、エアコン、窓の開閉、空調、空調、シートマッサージ機能、車載メディアの操作、車載カメラの操作(写真撮影を含む)などのシステムをコントロールすることができる。

2019年12月に改良型ES8を発売

2019年12月には、180以上の商品改良を施した新型ES8を発売した。160kWの永久磁石モーターと240kWの誘導モーターの組み合わせで、70キロワットのバッテリーパックを搭載した新型ES8は、最大415kmの走行距離に達する。ゼロから時速100kmまでの加速はわずか4.9秒。100キロワットのバッテリーを搭載した新型ES8の航続距離は580kmに拡大した。クラス最長の3,010mmのホイールベースを採用し、広々としたフレキシブルなシートレイアウトを実現している。超薄型フレームの9.8インチインストルメントクラスターと11.3インチ第2世代マルチタッチセンタースクリーンを標準装備する。オプションの「NOMI Mate 2.0」には、世界初のオートグレードAMOLEDフルサーキュラーディスプレイを搭載。新型「ES8」は、フロントフェイス、サイド、テールにクロームメッキのアクセントを施すことで、より流線的でダイナミックなデザインとしている。より優れた性能、より長い航続距離、より洗練されたハイテクデザインを備えた新型ES8は、スマートな電気自動車のフラッグシップSUVを再定義している。

ES8の価格・オプション

7人乗りの「ES8」と6人乗りの「ES8」の補助金前価格は、それぞれ46万8,000元(≒約700万円)と47万6,000元(≒約714万円)で販売されている。購入者は、「ナッパ・ラグジュアリー・インテリア・パッケージ(ナッパ・レザー・パーフォレーション・シート、ナッパ・レザー・インテリア・ラップ、フロント・マッサージ・シート)」、「オールシーズン・コンフォート・パッケージ(ヒーター・ステアリングホイール、2列目シートヒーター、フロント・ベンチレーテッド・シート)」、プレミアム・オーディオ・システム、ヘッドユニット・ディスプレイの強化、NIO Pilot機能の追加、ホイール・スタイルの変更、一部エクステリア・カラー、NIO Pilot、NOMIなど、ES8に付属する追加オプションを購入することができる。また、「ES8」にはワイヤレス充電ボードも装備されている。
現在、ユーザー全員に対して、バッテリーの分割払いが可能な「バッテリーペイメントアレンジメント」を用意している。2019年1月15日以前に注文したES8については、購入価格が10万元引き下げられ、このアレンジメントを採用したユーザーは78ヶ月間で1,280元/月の支払いとなる。2019年1月16日以降に注文したES8およびES6については、購入価格が10万元減額され、このアレンジメントを採用したユーザーは月々1,660元(60ヶ月間)の支払いとなる。ES8を購入するには、まず予約保証金2,000元を支払うことが求められる。ユーザーのES8が生産開始される前に、20,000元の返金不可の保証金(最初の予約保証金2,000元を含む)を支払う必要があり、車両の購入価格に充当される。

ES6

NIOが提供する「ES6」は、2018年12月に発表された5人乗りの高性能電動プレミアムSUV。2019年6月にES6の一般向けの出荷を開始した。ES6はES8よりも小型でありながら手頃な価格を実現しており、プレミアムSUVセグメントでより幅広い市場をターゲットにすることができる。ES6は現在、スポーティバージョン(事前予約価格:35.8万元)、パフォーマンスバージョン(39.8万元)、プレミアバージョン(49.8万元)を用意している。

走行性能

ES6は、永久磁石モーター(160kW)と誘導モーター(240kW)を組み合わせた世界初のSUV。400kWのパワーと725ニュートンメートルのトルクを4輪すべてに供給し、エネルギー変換率97%を実現している。ES6は、ゼロから時速100kmまで4.7秒で加速することができる。時速100km/hから完全停止までのES6の制動距離は33.9m止まっている。ES6は当初、70キロワット時の水冷バッテリーパックを搭載していた。2019年9月、NEDC走行距離を510kmに延長した84キロワット時のバッテリーパックを搭載した「ES6」の出荷を開始している。2020年第4四半期に納車される100キロワット時のバッテリーパックでは、ES6は最大610kmのNEDC航続距離を誇る。

ボディ他

ES6は、中国で初めてアルミニウム合金(91%)と炭素繊維(9%)のハイブリッド構造を採用し、航空機グレードの7シリーズアルミニウム合金を採用することで、世界の量産SUVの中で最高の44,930Nm/degのねじり剛性を実現している。高強度カーボンファイバーの採用により、ES6 は軽量でありながら、より強固なものとなっている。独立懸架サスペンション、CDC(Continuous Damping Control)、インテリジェント電動全輪駆動システムを採用している。また、アクティブエアサスペンションの装着や走行モードの切り替えが可能で、より快適な乗り心地を実現した。

ソフトウェア

ES6には、FOTAを介したデータ交換やリモートアップグレードを可能にする高性能インテリジェントゲートウェイ「Lion」を搭載している。さらに、ES6のDragonセキュリティアーキテクチャは、マトリクス状のファイアウォールを提供し、データのセキュリティを強化し、ユーザーのプライバシーを保護する。さらに、音声ベースの対話機能を備えた音声ベース対話型NOMIシステムをES6に内蔵している。また、アップグレードされたヘッドアップディスプレイ、デジタルインストルメントクラスター、11.3インチの第2世代マルチタッチスクリーンを搭載している。さらに、ES6には、Mobileye EyeQ®4と23個のセンサーを搭載したNIO Pilotシステムがプリインストールされている。

EC6

NIOは2019年12月スマートプレミアム電動クーペSUV「EC6」を発表した。EC6は、抗力係数がわずか0.27Cdと俊敏なクーペデザインを採用。ダイナミックな形状で、2.1平方メートルのヴォールトガラスルーフを装備している。EC6は160kWの永久磁石モーターと240kWの誘導モーターを搭載し、ゼロから時速100kmまでわずか4.7秒で加速することができる。100キロワット時のバッテリーパックは2020年第4四半期に納入される予定で、NEDCの航続距離は615kmに達している。ユーザーはNIOアプリで予約が可能。EC6の出荷開始は2020年9月を予定している。