アイリックコーポレーションの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 96億500万 円
銘柄コード 7325(マザーズ(内国株))

1995年7月 東京都新宿区に、保険分析システムの開発及び来店型保険ショップの設立を目的として、株式会社アイリックコーポレーションを設立。
1997年12月 保険業法の改正に合わせて、生命保険、損害保険の乗合代理店登録を行い、複数の保険会社の保険商品を取り扱う生命保険媒介業並びに損害保険代理業として営業を開始。
1999年9月 個人向けの保険分析サービスのための来店スペースを確保するため、本社を本郷BNビル(東京都文京区)に移転。
1999年12月 「生命保険情報ステーション」(現、『保険クリニック』文京本郷店)をオープン。来店型の『保険クリニック』サービスを本格始動。
2002年7月 子会社としてシステム開発会社である株式会社インフォディオ(本社:東京都文京区)を資本金1,000万円で設立。出資比率50%に当たる500万円を出資。
2002年12月 汎用型IQシステム(現、保険分析・検索システム『保険IQシステム』)の開発に着手。
2004年4月 汎用型IQシステムの完成。
2004年4月 直営店として埼玉県初進出となる『保険クリニック』大宮店(現、大宮ラクーン店)を埼玉県さいたま市大宮区にオープン。
2004年7月 第1号FC店である『保険クリニック』千葉店(現、千葉本町店)がオープン。FC事業(現、「ソリューション事業FC部門」)(注1)の開始。
2005年3月 システム開発の委託先である株式会社インフォディオを株式交換により100%子会社化。
2005年9月 直営店として千葉県初進出となる『保険クリニック』松戸店(現、ダイエー松戸西口店)を千葉県松戸市にオープン。
2008年10月 保険申込ナビゲーションシステム『AS-BOX』を開発し、AS事業(現、「ソリューション事業AS部門」)(注2)を開始。
2010年4月 「プライバシーマーク」の認定を取得。
2010年6月 東京海上日動あんしん生命保険株式会社と『AS-BOX』において初めてのシステム連携開始。
2010年9月 の新システムにおける経営革新計画について、「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律」に基づき、東京都より承認。
2010年10月 『AS-BOX』に保険申込書取り出しの新機能追加。
2010年11月 本社を本郷BNビルより本郷センタービルへ移転。
2012年3月 直営店として北海道初進出となる『保険クリニック』札幌店(現、サッポロファクトリー店)を北海道札幌市中央区にオープン。
2012年3月 保険分析・検索システム『保険IQシステム』を大幅リニューアル。
2013年1月 株式会社ユニバーサルアンダーライタースを吸収合併。
2014年7月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得。
2015年5月 台湾統一保険経紀人股份有限公司とアドバイザリー契約締結。台湾初保険ショップのオープンに協力。
2015年10月 『AS-BOX』に改正保険業法対応パッケージを装備。
2016年8月 子会社の株式会社インフォディオが、スマートフォンのカメラで撮影した文字を認識してテキストデータに変換するスマートフォンアプリ「文字スキャン」を開発。
2016年9月 AI技術を活用した「生命保険証券自動分析アプリ」の開発に着手。
2017年3月 直営店として石川県初進出となる『保険クリニック』イオンモール新小松店を石川県小松市にオープン。
2017年6月 『ASシステム』及び『AS-BOX』のID数が4,000に到達。
2017年8月 一般社団法人Fintech協会に加盟。
2017年9月 直営店として兵庫県初進出となる『保険クリニック』イオンモール神戸南店を兵庫県神戸市兵庫区にオープン。
2018年2月 「生命保険証券の自動分析サービス」を直営店にて運用開始。
2018年5月 住友生命保険相互会社と「Vitality」サービスの一部を共同開発で合意。
2018年6月 「IQリモ・コン~どこでもリモート保険相談~」サービスを開始。
2018年6月 『ASシステム』のオプションとして「証券分析AIアシスト機能」をリリース。
2018年9月 東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場。