すららネット【3998】 歴史

市場

マザーズ(内国株)

時価総額

84億6900万円

すららネット【3998】 歴史

市場

マザーズ(内国株)

時価総額

84億6900万円

沿革

2005年12月 株式会社C&I Holdings(旧株式会社ベンチャー・リンク)のグループ会社である株式会社キャッチオンにて、「すらら」企画・開発に着手
2007年10月 学習塾・学校市場向けに「すらら」中学生版を販売開始
2007年12月 東京都世田谷区駒沢大学駅前に直営校(「自立学習スクール キャッチ・オン」)を開校
2008年5月 株式会社キャッチオン、株式会社C&I Holdings(旧株式会社ベンチャー・リンク)と合併
2008年8月 eラーニング(インターネット等を利用して行う学習)による教育サービスの提供、運用支援、マーケティングプロモーション及びホームページの運営等を主な事業目的として、東京都台東区寿において株式会社すららネットを設立(資本金3,000千円)
2008年10月 「すらら」高校生版をリリース
2010年1月 「すらら」学習者数が1万人を突破
2010年11月 株式会社C&I Holdings(旧株式会社ベンチャー・リンク)から、全国の学習塾と学校向けeラーニング事業「すらら」を吸収分割契約で承継
2011年1月 努力指標の学習大会「すららカップ」を初開催
2011年4月 東日本大震災被災地・周辺地域に「すらら」を無償提供
2011年11月 「すらら」を利用している先生方との共同開発プロジェクト「SuRaLabo」開始
2011年12月 独立開業者向けに「すらら」を販売開始
2012年2月 家庭学習者向けに「すらら」を販売開始
2012年5月 NPO法人アスイクと提携し、東日本大震災被災地の学習支援センターに「すらら」を提供
2012年11月 「第9回 日本e-Learning大賞 文部科学大臣賞」を受賞
2013年2月 TOEIC対策用のサービス「everyday TOEIC®TEST」 400点コースをリリース
2013年6月 「アダプティブラーニング」機能で特許取得
2013年10月 行動経済学者の田中知美氏ならびに東京大学と共同で、「すらら」を用いたビッグデータ分析研究プロジェクトを開始
2014年2月 本社を東京都千代田区内神田一丁目7番8号に移転
2014年9月 国際協力機構(JICA)から採択を受け、スリランカにおいて教育格差是正プロジェクトを開始
2014年10月 TOEIC対策用のサービス「everyday TOEIC®TEST」 600点コースをリリース
2014年11月 東京都墨田区菊川に直営校(「次世代型個別学習塾 NEXT Learners」)を開校
2015年3月 「すらら」小学校高学年版リリース
2015年4月 「すらら」がスマートデバイスへ対応
2015年5月 ICTを活用した社会人基礎力を養うアクティブ・ラーニング「すららソーシャルラーニング」初開催
2016年2月 経済産業省等が主催する第2回日本ベンチャー大賞において「社会課題解決賞(審査委員会特別賞)」を受賞
2016年4月 人工知能を用いて生徒と対話する機能「AIサポーター(人工知能を用いて生徒と対話する機能、株式会社NTTドコモと共同開発)」を「すらら」に搭載し、慶應義塾大学と共同で生徒のモチベーションへの影響を研究するプロジェクトを開始
2016年9月 算数・数学の描画過程まで自動で評価・フィードバックする作図機能「スマート・プロッター」を搭載
2017年3月 経済産業省「はばたく中小企業300社」に選出
2017年5月 SDGsビジネスアワード2017で「スケールアウト賞」を受賞
2017年6月 凸版印刷株式会社と資本提携
2017年7月 放課後等デイサービス向けに「すらら」販売開始
2017年8月 ZEホールディングスと業務提携
2017年11月 世界発信コンペティション2017で「サービス部門優秀賞」「女性活躍推進知事特別賞」をW受賞
2017年12月 東京証券取引所 マザーズに株式上場
2018年6月 政府の特待生「J-Startup企業」として認定
2018年9月 海外小学生向け算数eラーニングシステム「Surala Ninja!」が「EDU-Portニッポン」の公認プロジェクトとして採択
2019年1月 国際協力機構(JICA) エジプトにおけるeラーニングを活用した子供たちの数学の学力達成度強化のための案件化調査事業に採択
2019年2月 本社を東京都千代田区内神田一丁目13番1号に移転
2019年7月 スマホ対応コンテンツ「すらら英単語」をリリース
2019年8月 導入校数が1,000校を突破
2019年9月 漢検・高校入試対策ができる漢字コンテンツをリリース
2019年12月 Google for Educationと連携
2020年2月 公立小中学校を主な対象とし「すららドリル」提供開始
2020年3月 「すらら」小中学校範囲の理科社会をリリース
2020年6月 「すらら」「すららドリル」の学習者数合計が10万人を突破
2020年7月 経済産業省・JETRO「未来の教室」海外展開支援等事業に採択(インドネシア・フィリピン)
2020年8月 「すらら」生徒画面全面リニューアル、「AI学習リコメンデーション機能」を搭載
2020年9月 導入校数が2,000校を突破
2020年11月 双日株式会社「分散型スマートインフラ導入に向けた調査事業」においてデジタル教育のパイロット活動をミャンマーで実施
2021年1月 スタディプラス株式会社と提携「すらら」「ピタドリ」の学習記録を「Studyplus for School」に集約
2021年2月 「すらら」に英語4技能に対応する「スピーキングAI」を搭載