NIPPOの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 4788億100万 円
銘柄コード 1881(市場第一部(内国株))

株式会社 NIPPOは、東京都中央区に本社をおく道路舗装業界の最大手企業。明治40年に中外アスファルト株式会社として創業されたのが始まり。1949年東京証券取引所に株式上場。企業理念は「わたしたちは 確かなものづくりを通して 豊かな社会の実現に貢献します」。道路舗装以外にも、建築・不動産事業も展開。


1949年10月 建設業法により建設大臣登録を受ける。
1949年12月 NIPPO株式を東京証券取引所に上場。
1961年3月 三協機械建設株式会社(現 日鋪建設株式会社)に資本参入。
1968年8月 決算期を年1回(3月)に変更。
1969年3月 アスファルト合材販売事業に進出。
1973年9月 建設業法改正により建設大臣許可を受ける。
1977年4月 リサイクリングアスファルトプラント開発、千葉市にて第1号機稼働開始。
1977年7月 インドネシア政府より中部ジャワ道路改良工事を受注し、海外事業に進出。
1977年7月 長谷川体育施設株式会社に資本参入。
1980年5月 スポーツ関連事業に進出。
1985年6月 開発事業ならびに石油製品販売事業等に進出。
1986年4月 建築事業に進出。
1999年1月 琴海土地開発株式会社を吸収合併。
2001年4月 土壌・地下水浄化事業へ進出。
2003年3月 大日本土木株式会社に資本参入。
2003年10月 商号を株式会社NIPPOコーポレーションに変更。
2003年10月 新日石エンジニアリング株式会社の工事・エンジニアリング部門を吸収分割。
2004年12月 本社部門で環境ISO(ISO14001)の認証を取得。
2009年7月 商号を株式会社NIPPOに変更。
2012年4月 プラントエンジニアリング事業をJXエンジニアリング株式会社に吸収分割。