リケンテクノス 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 262億4700万 円
銘柄コード 4220(市場第一部(内国株))

リケンテクノス株式会社は東京都千代田区に本社をおく企業。1949年、東京工業大学において、塩化ビニル配合技術の基礎研究に着手、工業化の調査を開始。1951年塩化ビニルコンパウンドの製造を開始。1961年東証二部に上場。現在は創業以来培ってきた合成樹脂加工にかかわる総合的な技術をベースにベースの樹脂に添加剤を何種類か混ぜ合わせる「コンパウンド事業」や「フイルム事業」、「食品包材事業」などを柱に国内外で事業を展開する。