ダイセル【4202】 歴史

市場

プライム市場

時価総額

2441億7200万円

ダイセル【4202】 歴史

市場

プライム市場

時価総額

2441億7200万円

沿革

1919年9月 大日本セルロイド㈱として創立。資本金1,250万円
1932年6月 神崎工場(兵庫県)においてセロハンの製造開始。
1934年1月 写真フィルム部を分離、富士写真フイルム㈱(現富士フイルムホールディングス㈱)設立。
1935年9月 新井工場(新潟県)設置、有機合成事業開始。
1949年5月 東京証券取引所(現㈱東京証券取引所)に上場。
1951年6月 網干工場(兵庫県、現姫路製造所網干工場)において酢酸セルロース事業開始。
1954年1月 播磨工場(兵庫県)設置、発射薬の製造開始。
1958年8月 堺工場(大阪府、2008年3月廃止)において、たばこフィルター用トウの製造開始。
1961年1月 大日本化成㈱設立。(石油系有機合成事業へ進出)
1964年5月 ポリプラスチックス㈱(米国Celanese Corporation(現オランダCelanese Netherlands Holdings B.V.)との合弁会社)設立。(ポリアセタール樹脂他の製造・販売)
1966年2月 商号をダイセル株式会社と改称。
1968年6月 大日本化成㈱を吸収合併、同社工場を大竹工場(広島県)とする。
1970年7月 ダイセル・ヒュルス㈱(現ダイセル・エボニック㈱、独Huels AG(現エボニック ジャパン㈱)との合弁会社)設立。(ナイロン12樹脂他の製造・販売)
1977年7月 協同酢酸㈱(三菱瓦斯化学㈱(2016年3月出資解消)及び後に参加した電気化学工業㈱(2011年3月出資解消)、協和醗酵工業㈱(現KHネオケム㈱)、チッソ㈱(現JNC㈱)との合弁会社)設立。(メタノール法による酢酸の製造)
1979年10月 商号をダイセル化学工業株式会社と改称。
1980年11月 中央研究所(埼玉県)を移転し、総合研究所(兵庫県)設置。
1984年4月 米国にDaicel (U.S.A.), Inc.(現Daicel America Holdings, Inc.)設立。
1984年11月 ドイツにDaicel (Europa) GmbH設立。
1988年6月 ポリプラスチックス㈱が、Taiwan Engineering Plastics Co., Ltd.(現Polyplastics TaiwanCo., Ltd.、旧Hoechstグループ(1995年6月出資解消)及び長春グループとの合弁会社)設立。(ポリアセタール樹脂他の製造・販売)
1988年10月 ダイセル・セイフティ・システムズ㈱設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造)
1989年5月 シンガポールにDaicel Chemical (Asia) Pte. Ltd.(現Daicel (Asia) Pte. Ltd.)設立。
1990年11月 網干工場(現姫路製造所網干工場)において液晶表示向けフィルム用酢酸セルロース及びたばこフィルター用トウの製造開始。
1992年7月 中国にXi'an Huida Chemical Industries Co., Ltd.(西安北方恵安化学工業有限公司、陜西中煙工業公司(現陜西中煙投資管理有限公司)との合弁会社)設立。(たばこフィルター用トウの製造・販売)
1993年5月 ㈱大同商工(現ダイセルパックシステムズ㈱)に資本参加。(各種容器成形品の製造加工・販売)
1993年6月 姫路製造所広畑工場(兵庫県)設置。
1994年5月 ダイセン・メンブレン・システムズ㈱(セントラルフィルター工業㈱及びセントラルメインテナンス㈱(現ダイセン・メィンテナンス㈱)との合弁会社)設立。(セパレーション事業の分社)
1995年10月 フランスにChiral Technologies-Europe SARL(現Chiral Technologies Europe S.A.S.)設立。(光学異性体分離カラムの販売)
1997年3月 ポリプラスチックス㈱が、Polyplastics Asia Pacific Sdn. Bhd.設立。(ポリアセタール樹脂他の製造・販売)
2000年7月 ポリプラスチックス㈱が、ウィンテックポリマー㈱(現ポリプラスチックス㈱、帝人㈱(2016年9月出資解消)との合弁会社)設立。(PBT樹脂、GF-PET樹脂の製造・販売)
2000年12月 Daicel Safety Systems America, LLC(現Daicel Safety Systems Americas, Inc.、豊田合成㈱(2017年6月出資解消)との合弁会社)設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
2001年1月 ダイセルパックシステムズ㈱営業開始。(成型容器製品事業を㈱大同商工と事業統合)
2001年12月 ポリプラスチックス㈱が、PTM Engineering Plastics (Nantong) Co., Ltd.(三菱瓦斯化学㈱、韓国Korea Engineering Plastics Co., Ltd.、米国Ticona LLCとの合弁会社)設立。(POM樹脂及びその他のエンジニアリングプラスチックの製造、加工及び販売)
2002年9月 Daicel Safety Systems (Thailand) Co., Ltd.設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
2004年3月 ポーランドにDaicel Safety Systems Europe Sp. z o. o.設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
2004年4月 ダイセルバリューコーティング㈱営業開始。(フィルム事業の分社)
2004年7月 Daicel Chemical (China) Investment Co., Ltd.(現Daicel (China) Investment Co., Ltd.)設立。(中国におけるグループ会社の統括等)
2004年12月 中国にDaicel Safety Systems (Jiangsu) Co., Ltd.設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
2005年3月 中国にNingbo Da-An Chemical Industries Co., Ltd.(西安北方恵安化学工業有限公司、陜西中煙工業公司(現陜西中煙投資管理有限公司)との合弁会社)設立。(酢酸セルロース及び無水酢酸の製造・販売)
2005年11月 ドイツにTopas Advanced Polymers GmbH設立。(環状オレフィン・コポリマーの製造・販売)
2007年8月 中国にDaicel Chiral Technologies (China) Co., Ltd.設立。(光学異性体分離カラムの販売、受託分離サービスの提供)
2007年10月 大竹工場においてたばこフィルター用トウの製造開始。
2008年3月 大阪府道高速大和川線計画施行による一部敷地収用に伴い、堺工場を廃止。
2008年4月 インドにDaicel Chiral Technologies (India) Pvt. Ltd.設立。(光学異性体分離カラムの販売、受託分離サービスの提供)
2008年8月 大竹工場において液晶表示向けフィルム用酢酸セルロースの製造開始。
2009年7月 大竹工場においてバイオエタノールを原料とした酢酸エチルの製造開始。
2011年10月 商号を株式会社ダイセルと改称。
2011年11月 韓国にDaicel Safety Systems Korea, Inc.設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
2012年4月 米国のSpecial Devices, Inc.(現Daicel Safety Systems Americas, Inc.)を買収。(インフレータ用イニシエータの製造・販売)
2015年4月 米国にDaicel Safety Systems America Arizona, Inc.(現Daicel Safety Systems Americas, Inc.)設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
2016年5月 米国にDaicel ChemTech, Inc.設立。(有機化学品の販売)
2017年4月 総合研究所と姫路技術本社(兵庫県)を再配置し、イノベーション・パーク(兵庫県)に集約。
2018年10月 インドにDaicel Safety Systems India Pvt. Ltd.設立。(自動車エアバッグ用インフレータの販売)