四国化成工業 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 753億4000万 円
銘柄コード 4099(市場第一部(内国株))

四国化成工業株式会社は香川県丸亀市に本社をおく企業。1947年二硫化炭素の製造を目的に設立。1957年徳島第一工場を建設し、中性無水芒硝の操業を開始。1961年には後に壁材の原料ともなるCMCの生産を開始。1962年東証二部に上場。現在は化成品事業として、ラジアルタイヤに必要な不溶性硫黄「ミュークロン」、耐熱型水溶性プレフラックスとして世界トップシェアを誇る「タフエース」、プール⽤殺菌・消毒剤「ネオクロール」などを扱うほか、建材事業として内装材・外装材・舗装材などを扱う。


事業内容とビジネスモデル