熊谷組の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 1267億9700万 円
銘柄コード 1861(市場第一部(内国株))

株式会社熊谷組は、東京都新宿区に本社をおく建設企業。明治31年、熊谷組として創業。昭和45年東京、大阪証券市場2部上場、昭和47年には香港証券取引所に上場。施工実績は新宿野村ビル、中國銀行上海ビル、TAIPEI101、BCCSビル(シンガポール造幣局ビル)、新潟競馬場、ヒューマックスパビリオン(池袋サンシャイン60通り)、江ノ島アイランドスパ、横浜みなとみらい万葉倶楽部など。


1945年10月 建築部を発足、建築部門に進出
1948年2月 札幌、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡支店を開設
1949年3月 東京支店を開設
1949年10月 建設業法により、建設大臣登録(イ)第118号の登録完了
1958年10月 豊川工場を設置
1962年12月 仙台支店を開設
1963年11月 熊谷組道路部を分離独立させ熊谷道路㈱(現 連結子会社)を設立
1964年1月 東京営業所を東京本社に改称
1964年12月 北関東支店を開設
1966年12月 四国支店を開設
1970年4月 東京、大阪証券取引所市場第二部に上場
1971年2月 東京、大阪証券取引所市場第一部に上場
1973年6月 建設業法の改正に伴い、建設大臣許可(特-48)第1200号を取得(以後3年毎に免許更新)
1973年12月 北陸支店を開設
1974年3月 東京本社新社屋完成
1974年6月 宅地建物取引業法により、宅地建物取引業者として建設大臣免許(1)第1842号を取得(以後3年毎に免許更新)
1988年3月 筑波技術研究所を開設
1990年4月 仙台支店及び福岡支店をそれぞれ東北支店及び九州支店に改称
1991年4月 北関東支店と新潟営業所を統合し、関越支店に改称
1994年4月 関越支店を北関東支店に改称
1995年10月 東関東支店を開設
1996年4月 豊川工場を分社化、熊谷テクノス㈱(現 連結子会社)を設立
1997年4月 札幌支店を北海道支店に改称
1997年6月 建設業法の改正に伴い、建設大臣許可(特-9)第1200号を取得(以後5年毎に免許更新)
2001年2月 東京・横浜・北関東・東関東支店を統括する首都圏支社、大阪・神戸・四国支店を統括する関西支社を設立
2002年3月 熊谷テクノス㈱が、連結子会社の三豊テクノコンストラクション㈱を吸収合併し、テクノス㈱に商号を変更
2003年7月 首都圏支社及び関西支社をそれぞれ首都圏支店及び関西支店に改称
2003年10月 不動産事業、海外PFI等に係る投融資事業及び債権の回収事業を新設会社のニューリアルプロパティ㈱に承継させる会社分割を実施
2003年12月 大阪証券取引所上場廃止
2004年4月 ㈱ガイアートクマガイが飛島道路㈱と合併し、㈱ガイアートT・Kに商号を変更
2009年4月 広島支店と四国支店を統合し、中四国支店に改称