2022年08月05日 16:21
映画館運営の米AMC コロナ緩和で利用者数が3700万人増 22年4〜6月
Etzo349d6gfiojqd8re yg
Strainer

映画館運営の米AMC Entertainment Holdingsが4日、2022年4〜6月(2Q)の決算を発表。売上高は前年比2.6倍の11億6600万ドルだった。コロナ禍からの経済回復で外出機会が増加し、同期間の入場者数は前年比2.7倍の5900万人に増え、入場料収入は2.8倍の6億5100万ドルに拡大。「トップガン: マーベリック」や「ジュラシック・ワールド: ドミニオン」などの人気作の公開も利用者の増加に寄与した。

利益率の高い飲食販売の売上高は2.5倍の3億9600万ドル。米国で1人あたりの料金が7.52ドルとコロナ前の2019年比で35%増えた。公開数の増加で映画上映費用がが3.3倍に膨らむなど営業費用が増加したものの、売上増で最終損失は1億2100万ドルと前年(3億4400万ドルの損失)に比べ縮小した。