2020年11月05日
起死回生のDQウォーク
Lk w pdjz9utjiwcimhaya
Shutterstock

コロプラが11月4日に発表した2020年9月期(通期)決算は、最終損益が79.8億円の黒字だった。前年比7.5倍の増益である。

  • 売上は前年比16%増の451億円、営業利益は315%増の122.5億円
  • スクエニとの協業タイトル『DQウォーク』が堅調
  • 4Qはは周年に加え、受託案件により前Q比で増収増益

画像名

前年の不調から回復

  • 2019年9月期のコロプラは四半期赤字に落ち込んでいた
  • 前年9月開始の『DQウォーク』が福音に
  • グループ会社の受託案件も拡大、その他売上が拡大
  • コロナ影響もあり、海外展開の新たな取り組みは一旦見合わせ

DQウォークはコロプラにとって正に起死回生の一打となった。 パイプラインには自社IP(派生)6本、他社IP4本を開発中。市場環境に合わせて双方をバランスよく進める方針。

時価総額は現在、1,195億円。バランスシートには現預金650億円 + 投資有価証券69.5億円が積み上がる。