2022年05月11日
メトロエンジン、累計21億円を調達
Gd5tfrzlwoe4ytlglrmxoq
メトロエンジンの長期滞在者向けホテル予約サイト

ITスタートアップのメトロエンジン(東京都港区)は11日、第三者割当増資で資金調達したと発表した。累計の調達額は約21億円となり、サービス開発や採用に資金を振り向ける。

引受先は博報堂DYベンチャーズ(東京都港区)の傘下ファンドや東急不動産ホールディングス(HD)が出資するファンドなど。メトロエンジンは「さらなる資金調達を行う予定」としている。

同社は2016年設立。AIが需要や競合環境を分析し、宿泊施設などに最適な価格設定を毎日提案するサービス「メトロエンジン」のほか、7泊以上の長期滞在者用のホテル予約サイト「マンスリーホテル」などを手がける。

メトロエンジンは「5期連続二桁成長を維持しており、今期(2022年9月期)の売上高は前年度比約2倍で着地できる見込み」という。

東急不動産HDは「出資を機に、施設運営業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)をはじめ、連携を加速させる」とコメントした。