2022年05月10日
ソニーG、今期減益 PS5は1800万台販売へ
Htyt54eimjyq73ywpx 5ug
shutterstock

ソニーグループは10日、2023年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比6%減の8300億円になる見通しだと発表した。ゲーム分野のハードウェア販売は伸びるが、米ゲーム会社の買収費用を計上する影響などで減益となる。

売上高は15%増の11兆4000億円、本業のもうけを示す営業利益は4%減の1兆1600億円と2期連続で1兆円を上回る計画だ。モバイル端末用のイメージセンサーの販売や音楽ストリーミングサービスからの収入の増加も見込む。

ソニーグループ 営業損益(米国会計基準)

最新のゲーム機「プレイステーション5(PS5)」について、十時裕樹副社長兼最高財務責任者(CFO)は10日の決算説明会で「現時点で部品の調達めどが立っている1800万台を(2022年度に)販売する見込み」と話した。ただ「(PS5の)需要はもう少し高いレベルにあり、満たすには足りない」とした。2022年3月期の販売実績は1150万台だった。

「Destiny(デスティニー)」シリーズを開発したゲーム会社の米Bungie(バンジー)など、2023年3月期中に完了する買収の費用を計上するほか、前期に映画のヒット作品が多かった反動もあり、減益予想とした。

2022年3月期の売上高は10%増の9兆9215億円、営業利益は26%増の1兆2023億円、純利益は14%減の8821億円だった。映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」など新作のヒットもあり、映画分野の売り上げが65%増えて全体を押し上げた。