2020年11月06日
数字おかしくない?
Giphy
Giphy

Pelotonがたった今発表した7〜9月期決算は、最終損益が6,930万ドルの黒字だった。前回四半期に引き続き、黒字を継続している。

  • 売上高は7.6億ドルとなり、前年比232%増に加速した
  • 営業利益は6,890万ドルで黒字化をキープ
  • 中核サービスの有料会員数は133万人に達し、前四半期から24万人増えた

Peloton

デジタル版の有料会員数が牽引

  • 解約率はやや上がるも、依然として0.65%もの低水準
  • 月間平均ワークアウト数は20.7回にやや減
  • 中核版への入り口として機能するデジタル限定版の有料会員も51万人(前年比382%増)

これだけのモンスター決算でも時間外で6.8%マイナスになるのが、今の株式市場。Pelotonの時価総額は369億ドルになった。2Qの有料会員数は163万人、通期では217万人を見込む。

今のペースが続きさえすれば(それが難しいが)、Pelotonは「フィットネス界のアップル」になれる可能性はある。未来がどうなるかは分からないが、今一番ホットな企業なのは確かだ。

Pelotonについては、後ほど深掘り記事を本サイトの方でアップします。